マガポケ

君が僕らを悪魔と読んだ頃1巻〜5巻の考察!なぜ悠介は自主しない?

こんにちは、マドカです!

この記事では、Web漫画「マガポケ」で連作中の『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』1巻〜5巻までの考察と感想などを紹介していきます。

斎藤悠介は、中学のクラスメイトの人生破壊ゲームを楽しむ主犯格。

失踪半年後、記憶喪失になり戻ってきた悠介は、どこにでもいる普通の高校生に生まれ変わっていました。

しかし、悪魔時代の被害者たちが次々と登場し、今の本人にとって身に覚えのない復讐がスタート。

徐々に記憶が蘇り、過去に犯した自分の罪と向き合う悠介。

女性にとってはエグい性描写もありますが、悠介の良心と悪魔の記憶が格闘する場面にグイグイ引き込まれます!

伏線も秀逸で、サスペンス系が好きな方にはおすすめです!

以下、1巻〜5巻までのあらすじなので、ザッと内容確認されたい方はご覧ください。

1巻〜5巻までのあらすじを読む

中学時代、ゲスの限りを尽くした悪魔のような男・斎藤悠介。

それは、脅迫から始まり、強姦や傷害など、鬼畜の所業とも言える内容でした。

引越し後、知り合い不在の高校に入学するも、ある事件が元で記憶喪失に…

悪魔時代の過去を知らず、友達や彼女と平凡な学生ライフを過ごします。


しかし、悠介に興味・恨みを持つ被害者「シュウ、会澤、三田村兄妹」などが、続々と居場所を突き止めに登場。

その度、自分が犯した残虐な記憶が蘇り、罪の重さに苛まれ続けます。

悠介が最も気になっていたのが、かつてゲーム感覚で犯した一ノ瀬明里

悠介に人生を破壊された一ノ瀬は、現在どこにいるのかも不明。

悠介は一ノ瀬に会いたい一心で、まばらな記憶を頼りに、恋人・環と過去の記憶を掘り起こす為、手がかりとなる場所に到着。

そこは、悠介が一ノ瀬が一緒に逃げ込んだ、一ノ瀬の生まれ故郷の港町。

全てを思い出した悠介は、悪魔時代の最後、明里と半年間一緒に暮らし、そこで起こった出来事を語り始めます。


高校入学早々、悪魔の悠介は「普通」を演じた仮面生活に疲弊し、無気力感で歩く姿のまま、偶然にも一ノ瀬と遭遇

その時、かつて恥辱した一ノ瀬に「好き」という感情を持っていた悠介。

一方、一ノ瀬は悠介を殺したいほど憎み、同時に得体の知れない愛情を抱えたアンバランスな精神状態でした。

そのまま、逃げるように港町で同棲生活を始め、近所の人にも愛されながら、平穏な生活を送っていた二人。

しかし突然、10年前に明里の両親を死に追いやった“ストーカー男”が現れ、2人は命を狙われる毎日を過ごします。

全てを終わらそうと、悠介は中学時代に一ノ瀬を犯しまくった廃校舎に向かい、追ってきたストーカー男をナイフで殺害

死体と一緒に、脅しアイテムでもある「USBメモリ」を花壇に埋めます。

なんと、USBは空の状態で、最初から弱みのデータなど存在せず、全てがスリリングなゲームだったとを打ち明ける悠介。

最後にデートをしようと、悠介の地元のボート乗り場に到着。

そして二人は、過去記憶から発せられる幻聴と幻影に襲われ…

悠介はそのまま気絶。

悠介の望み通り、テープで手足を固定し、裸でボートに乗せる一ノ瀬。

救出後、記憶を亡くした悠介は、今に至るまでの全てを思い出すわけです。

そして、港町に環を置いて、一ノ瀬が残した携帯番号を頼りに連絡を取る悠介。


新宿の街で落ち合った悠介と一ノ瀬。

お花畑の中で死にたいという一ノ瀬の願望から、夜景の見えるビルの屋上に上り、一緒に投身自殺を決意する二人。

しかし、二人を引き止めに、間を割って入って来た環は、かつて悠介に蹂躙された被害者・三田村兄妹を連れてきます。

悠介は謝罪するも、逆に兄妹から

「もう二度と関わらないでくれ」

と泣きながら頭を下げられ、被害者の心の傷と罪の重さを思い知らせます。

そして、背中に大火傷を負わされたシュウがやって来て、

「一生消えない罪悪感を背負い続けることが、死ぬより苦しいこと」

と訴えるも、頑なに死を選択する一ノ瀬。

孤独の果てに耐えられず、悠介と心中しようとする一ノ瀬でしたが、苦楽を共にした飼い猫・ユースケが飛びつきます。

自殺を踏みとどまった自分への後悔と安堵感で、その場で泣き叫ぶ一ノ瀬。


そして1年後、環は一ノ瀬やシュウと、友人として交流し続けていました。

悠介の悪魔を呼び覚まし、その後ろ盾で悪行を繰り返した会澤は、シュウもしくは仲間により病院送りにされた模様。

そして、誰も分からないの斎藤悠介の行方。

「罪悪感と苦悶の中で生き続ける」

という思いを抱え、関わった全員から離れるように一人街を出た悠介。

それから10年が経過…続きは6巻へ。

『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』を無料で読んでみたいという方は、FODがおすすめです。

FODで『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』を無料で読む

※無料期間中(登録後31日間)に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます! 

君が僕らを悪魔と呼んだ頃の考察理由

『君が悪魔と呼んだ頃』は5巻までが高校編で、6巻からは成人編へと続きます。

成人編では、登場人物がガラッと変わるのと同時に、5巻までに出てきた人物が伏線キャラとして再登場することが予想されます。

なので、5巻までの見落としや違和感が生まれないように、疑問に感じたシーンについて、考察を入れていきたいと思います。

悠介が作るゲームの内容

中学時代、まるで無法地帯のように、あらゆる悪事をやり尽くした斎藤悠介。

一方、教師や家庭内では、成績優秀、スポーツ万能、誰からも頼られるリーダー的存在

ニャン玉
ニャン玉
裏表の顔をはっきり持つ、両刀使いなわけだニャ。

目をつけた人間は、悠介が作るゲームの玩具になりますが、相手が訴えに出られないよう、物証データを残し、言いなりにさせます

大概が、辱めを受けさせられた画像・動画データで、それらは全てUSBに保管。

もし、そのデータが被害者に流出し、訴えられたら、逆に悠介たちが人生崩壊。

ルールは、玩具を壊さない=殺さないこと

ゲームオーバーの危険性を背中合わせに、スリルを楽しむ毎日。

そんな悪魔時代の悠介が、玩具にした被害者名と、その末路を見ていきましょう。

ゲームの被害者とその後

まず、中学時代にどんなゲームをしてきたのか、作中の被害者名と罪状をまとめました。

シュウ|背中の大火傷(傷害罪)
いじめの対象から仲間に昇格させる条件として、「背中に日本地図を書こう」と提案。取り巻きに押さえつけられ、背中に熱湯をかけて大火傷を負わせる

さすがの仲間もドン引きするも、悠介は腹を抱えて笑う。結局、いじめは続行されて、耐えきれず転校するシュウ。

会澤曰く、ちょうど悠介が地図帳をなくして、新しい地図帳にうってつけだったとの事。

会澤陽二郎|右手の穴(傷害罪)
中1の工作授業で、作業中に誤ってドリルで手のひらに穴を開けてしまった会澤。

それを隣で見ていた悠介が「“その穴”どこまで大きくできっかな?」と、毎日毎日、ちょっとずつムリヤリ穴を広げられます。

結果、5本の指のうち中指と薬指は神経が通らなくなったとのこと。

この件の悠介の記憶は戻らず、会澤の一方的な話になるため、真偽は不明。

由真と麻美(強制性交等罪)
無理やりの性行為に抵抗するため、「カメラを回してネットに上げる」と脅迫。

その後、性に目覚めた二人は率先して、クラスの女子を巻き込むビッ○に転身

高校でも悠介を見ただけで発情するほどで、記憶喪失になった童貞・悠介はドン引き。

一ノ瀬明里(強制性交等罪)
たまり場の廃校舎で、悠介とその仲間に毎日ムリヤリ犯され、挙句の果てには孕ませて、強制的に堕ろさせます

その後、自殺未遂の果て、自主退学し、「汚い」という幻聴が聞こえてしまい、高校も退学し、社会復帰自体が困難な状態。

作品4巻の回想シーンでは、高校1年の時、悠介と生まれ故郷に身を隠し半年間の生活。

そして、両親を殺害したストーカーに襲撃され、返り討ちにして廃校舎の花壇に埋める。

悠介と一緒に投身自殺を図る手前で、環やシュウ、飼い猫のユースケに助けられます。

三田村兄妹(強制性交等罪・傷害罪)
廃校舎で、悠介がムリヤリ三田村・妹との性行為をする現場を、三田村・兄が見せつけられ、それをオカズに自分でさせられ、動画を撮られます。

記憶喪失後、兄妹は悠介の母親を通り魔的に暴行。しかし、動向が会澤にバレて、悪魔のフリをしながら三田村・兄の足の指をハンマーで滅多打ちする悠介。

その後 、悠介と一ノ瀬が自殺を図ろうとした時に、松葉杖をつきながら現れた三田村兄妹。

懺悔する悠介に復讐するどころか、怯えながら「二度と関わらないで」と頭を下げる兄妹。

被害者には、復讐ではなく恐怖の対象として、深く植えつけられてしまったわけです。

沢村|いじめによる自殺
2巻の作中でシュウが明かしたクラスメイト名。

「お前の遊びに耐えきれず、自分で自分を壊した」との発言から判明。

他にも1巻で、悠介の記憶を取り戻すために、廃校舎に忍び込んだ際、いちゃつくカップルを見つけてスタンガンで気絶させる会澤。

女を目隠しして縛り上げ、安全ピンをアイスピックと偽り、首筋に突きつけて脅し、服従させるシーンもありました。

会澤曰く「悠介が教えてくれた」とのこと。

このセリフから、会澤はゲームの中心者になっていたとも捉えられます。

会澤が穴を開けさせた理由とは?

会澤が手のひらにドリルで穴を開けられた経緯については、どんな脅し文句だったのか真意は明かされていません。

ニャン玉
ニャン玉
毎日、手が血まみれになるのに、誰も気づかないわけがないニャ。

おそらく、悠介の「人生破壊ゲームのカリスマ性」を見抜き、いじめられる側に回る前に、手のひらの穴と2本指の神経を代償にしたとも考えられます。

かなり無理がある考察ですが…

作中では、何度も手のひらの穴越しに覗いてくるシーンが不気味でした。


会澤が運転手付きリムジンをレンタルできるほど財力があるので、少なくとも中流家庭以上であるのは分かります。

親には間違いなく説明を求められるはずですが…

しかし、会澤自身が悠介のゲーム実行者になっている時点で、今さら事実を話せる状況でもなく、それを受け入れているとも伺えます。

悠介が自首しない理由とは?

記憶喪失後に被害者と再会し、全ての罪を思い出した悠介ですが、なぜ自首しなかったのかが疑問に残りました。

1巻で、会澤が「自首するなら、彼女の環をまわす」と悠介を脅すシーンがありましたが、データの入ったUSBの束を入手した時点で、悠介への脅迫は解除

シュウも「罪を背負って生きていく」ことが、悠介が最も苦しむ方法であると提案。

そこには、悠介に罪を償わせることも、前科持ちにする意図もありません。

つまり、自首というパフォーマンスは、もはや被害者にとっては綺麗事なわけです。

なので、「お前は、いつでも狙われている身」という恐怖感と罪悪感を植えつけ、地獄の精神状態で生活させることの方が、被害者の願望にかなった形と考えられます。

6巻では、そのまま姿を消した悠介の10年後が描かれ、内なる悪魔が蘇生。

今度は実行犯にはならず、マインドコントロールにより、家族同士が破壊し合うように仕向けるわけです。

※6巻のネタバレは以下記事よりご覧になれます。

君が僕らを悪魔と呼んだ頃6巻のネタバレと感想!【大人編】こんにちは、マドカです! この記事では、Web漫画「マガポケ」で連作中の『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』6巻(57話〜66話)のネタバ...

さいごに

以上、『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』1巻〜5巻の考察でした。

正直、もし悠介に自首させれば、一生犯罪者としてのレッテルを貼れたはずです。

そうさせなかったのは、やはり憎悪とともに、他人のように突き放すことができない、魅力を感じていたからなのでしょう。

きっと、読者自身も取り込まれているはず…

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました(^^

ちなみに、『君が僕を悪魔と呼んだ頃』1巻〜6巻を全巻無料で読める方法はこちら!

君が僕らを悪魔と呼んだ頃8巻(最新刊)を含む全巻無料で読む方法!2019年6月7日発売の、さの隆先生の『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』8巻(最新刊)は、以下U-NEXTに登録後すぐに無料で読むことができま...

もし、漫画で最新話を読みたい場合は、漫画アプリ『マガポケ』から読むことができます。

※無料購読サービスは期間限定のため、詳細はアプリからチェックしてみてください。