アフタヌーン

ブルーピリオド21話のネタバレと感想!八虎と龍二が全裸に!

こんにちは、マドカです!

この記事では、2月25日発売のアフタヌーンKCで連載中の『ブルーピリオド』21話ネタバレと感想を紹介します。

前回までのあらすじを読む

成績優秀、世渡り上手の矢口八虎は絵を描く楽しさにハマってしまい、東京芸大を第一志望に定める。

芸大の実技一次試験を突破した八虎は2次試験に向け準備を始めていた。

そんな中、龍二が芸大の試験を放棄したことを聞く。

どうしても気になって絵に集中できない八虎は「溺れにいかない?海に」という龍二の誘いに乗って、電車に乗り込んだが…

ブルーピリオド20話のネタバレ

海に心中でもするつもりか、とジョークを投げかける八虎。

ニャン玉
ニャン玉
普通に沈黙とかゾッとするニャ。

あてのない小田原の夜に…

とりあえず小田原の海を目指すも、時間的に泊まるところは無さそう。

ネカフェは身体がバッキバキになるし、ラブホは論外(笑)

調べる中で、素泊民宿を発見し、主から女装している龍二に若干引き気味。

風呂に入り、川の字になって床に着く2人。

寝息を立てる前に龍二から、親に部屋のモノを全部捨てられたと聞き驚愕の八虎。

翌朝、八虎が目覚めると龍二の姿が見当たらず…

全裸になった2人の目的とは!?

窓から外に目をやると、海を眺めているユカちゃの姿が見えて、ホッとする八虎。

ニャン玉
ニャン玉
試験前のナーバスな時期だし、心臓に悪いニャ。

宿主のサービスで新鮮な刺身朝食に目を輝かせ、食後のチェックアウトまで時間がある。

 

龍二が日本画を諦めたのは…

描いている途中で、龍二が芸大試験をなぜ放棄したか、本音を語り出します。

龍二の親は、唯一祖母には頭が上がらず、祖母の好きな日本画で美大を受けることについては黙認状態でした。

ただ、受験のために描くことになった途端、辛くなってきて、上達もしない。

そんな自分が、八虎のような本当の努力家には敵わないと悟ります。

ニャン玉
ニャン玉
祖母だけが唯一の理解者で、日本画を専攻したのも祖母が好きだったからだニャ。

龍二の親と祖母への心境とは?

八虎に言わせれば、コストもかけずに大概の事ができる龍二の方が優れているとのこと。

大抵の奴らが同じように努力すれば、優に自分を超えられると、達観する八虎。

ザ・優等生の八虎が、客観的に自己分析している事に、意外な反応を示す龍二。

「親に部屋のもの捨てられたときさ、絶望したけど内心安心したんだ」

ニャン玉
ニャン玉
龍二が、家から逃げる口実ができたからだニャ。

ただ、捨てられた荷物は、ごみ捨て場から祖母がコッソリ取ってきてくれました。

龍二のセクシャリティが露見

他人の目ばっかり気にしてる事を、再認識する龍二は突然カミングアウトします。

「…信じてくれないかもしれないけど、本当は俺、ずっと好きな女の子がいるんだ」

それは龍二が「死にたい」と伝えた中学の友達かと、リアクション薄めな八虎。

さらに、男にも告白していたこともあった龍二は、おそらくバイセクシャル。

本音をぶっちゃけてくれた龍二に、

「自分で勝手にキャラ作りしちゃう気持ちわかるなあ…」

そして、完成した自分の裸体画を見て、なぜこんな話をしているのか不思議がる八虎。

海の蒼さに染まったから…

そう言う八虎ですが、おそらく裸の付き合い的な開放感に浸ったせいもあると感じます。

これで落ちたら誰のせい…!?

チェックアウトを済ませて、帰途につく2人。

駅での別れ際に、真っ青な体に蕁麻疹は似合わないと、塗り薬を渡す龍二。

そして、大事な時期に付き合ってくれた事を詫びるも、すぐに八虎が、

「まあ落ちたら俺のせい、受かったら俺のおかげ それだけだろ」

逃げるべき場所と戦うべき場所を、間違えていたことに気づかされる龍二。

改めて八虎の正面突破する姿勢に、エールを送り別れました。

ニャン玉
ニャン玉
予備校に戻った八虎は、再びキャンバスに向かうニャ。

裸の自分を描いて思ったことは、情けない自分の姿をずっと武装しようとしてたこと。

「今日は筆が軽いな」

八虎がそう感じたのは、自分の弱さを隠す装備を脱ぎ捨てられたかもしれませんね。


この先の展開は21話に続きます。

ブルーピリオド1巻〜4巻を無料で読む方法

『ブルーピリオド』1巻〜4巻(最新刊)を無料で読みたい方は、以下のサービスを利用するのがオススメですよ!

\無料で読める3つのサービス/
サービス 無料期間 ポイント無料付与
U-NEXT 31日間 登録後すぐ1冊分が無料で読める
music.jp 30日間 登録後すぐ1冊分が無料で読める
FOD 31日間 登録後すぐではないけれど、2冊分が無料で読める

詳しくは以下記事で紹介しています!

http://dramad-tv.com/2019/03/04/blue-period-04kan-free/

ブルーピリオド20話の感想・考察

藝大2次試験を目指すなか、八虎にとって今回の海旅は、画力アップよりも精神的価値の高いモノが得られた感じがしますね。

龍二にしても、家庭環境やセクシャリティな面など、今まで誰にも言えなかった思いを、自然と吐き出せたのも良かったです。

龍二の進路が気になりますが、八虎の藝大入試の合否次第で変わってくるのかと思います。

次号は、いよいよ試験前日と試験問題くらいまで進むんじゃないかと予想します。

さいごに

以上、『ブルーピリオド』20話のネタバレと感想でした。

最後までお読みいただき、ありがとうございました(^^