ニュース

大阪ミナミ発砲事件の犯人の名前や顔画像は?動機はシマ争いか女性関係?

3月11日午前1時頃、大阪ミナミのBar「バーファイブ」で男性従業員と男性客の2人が撃たれた事件がありました。

事件の詳細は+を押すと見れます

11日午前1時頃、大阪市中央区宗右衛門町2「バーファイブ」の男性従業員から「人が倒れている」と119番があった。救急隊が駆けつけたところ、店の男性従業員が頭から血を流して倒れていた。頭部を拳銃で撃たれたとみられる。消防によると、病院に搬送されたが、意識不明の重体。ほかに腹部を撃たれたとみられる男性客もおり、意識不明の重体という。
引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190311-00050126-yom-soci

この記事では、事件を起こした犯人がどんな人物なのか被害者情報などと合わせて紹介していきます。

犯人の名前や顔画像は?

恐ろしいことに、犯人の男は現在逃走中で、名前や顔画像の特定には至りませんでした。

  • 凶器:拳銃1丁
  • 年齢:30代くらい
  • 身長:160cmほど
  • 特徴:黒の短髪、グレーの長袖Tシャツ、長ズボン

他にも、facebook、ツイッター、インスタの個人アカウントも、新情報がわかり次第、追記していきます。

被害者は従業員と客の2人

以下、銃で撃たれた被害者情報です。

  • 被害者:2人(男性従業員、男性客)
  • 被害状況:男性従業員は頭部を、男性客は腹部を撃たれ共に意識不明の重体。

もう1人の男性従業員に怪我はなく、犯人の男は、走ることなく徒歩で逃げていった模様。

事件があった場所は?

事件現場は、大阪府大阪市中央区宗右衛門町2‐25の南ビル周辺に位置します。

出典:google map

報道されたニュース映像と同じ場所ですが、周囲の看板には「バーファイブ」という店名は見当たりませんでした。

おそらく、グーグルのストリートビューの撮影後に入った新店舗なのかもしれません。

事件に対するネットの声

ネット上では、事件報道を受けて恐怖に満ちたコメントが相次ぎました。

大阪ミナミ 宗右衛門の南ビル「バーファイブ」で発砲事件 男性2人撃たれ意識不明の重傷 犯人は逃走中 ヤクザ絡みの抗争事件なんやろうけど、こんなミナミのど真ん中でやられたら大迷惑ですな。 流れ弾が当たったらどうしてくれるね …。
引用:https://twitter.com/bungu42/status/1104885187303763968

やはり、シマを巡った抗争が原因だったのでしょうか。

飲みに来た男性客は知り合いでもない無関係な方なら、たまったものじゃないですね。

早期回復を願います。

この店は暴力団と関連が有って、以前からみかじめ料等のゴタゴタが続いていたのかな?。
引用:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190311-00050126-yom-soci

「みかじめ料」とは、新店舗を出店するために地域の反社会的勢力に支払う場所代や、用心棒代のことです。

ただ、以下のような意見もありました。

バーの規模でのカスリで発砲はありえんだろ!
引用:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20190311-00050126-yom-soci

ショットバーなら、5坪前後の場合もあるので、カフェやクラブなどと比べるとスペース的に狭いイメージがありますからね。

つまり、ショバ代が原因ではないという見方も考えられるわけです。

他には、女性を巡った私情のもつれが原因の、衝動的な事件とも捉えられます。

まとめ

以上、大阪ミナミのBar「バーファイブ」で男性従業員と男性客の2人が撃たれた事件の犯人について紹介しました。

詳細は新情報が見つかり次第、追記していきます。