マガポケ

君が僕らを悪魔と呼んだ頃7巻のネタバレ感想!発売日はいつ?

こんにちは、マドカです!

この記事では、4月9日発売の単行本『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』7巻ネタバレや感想・考察について紹介していきます!

※7巻話数:マガポケの67話〜77話

ネタバレの前に、どうせなら『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』7巻を絵付きの漫画で読んでみたいですよね。

そこで、U-NEXT(という配信サービス)なら、初回登録に限りすぐに無料で読むことができるのでオススメですよ!

\U-NEXTの公式サイトはこちら/

『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』
7巻を今すぐ無料で読む

ちなみに、以下6巻のネタバレ記事です。

君が僕らを悪魔と呼んだ頃6巻のネタバレと感想!【大人編】こんにちは、マドカです! この記事では、Web漫画「マガポケ」で連作中の『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』6巻(57話〜66話)のネタバ...

君が僕らを悪魔と呼んだ頃7巻のネタバレ

『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』7巻は11話分(67〜77話)ありますので、まずは順番にネタバレしていきますね!

  • 君が僕らを悪魔と呼んだ頃(67話)

    崩壊する兄としての信頼!?

    悠介、涙の土下座から翌日。

    蒼志は“悠介は自分が養っている!”と考え、ご飯の量を遠慮させたり、ゴミ出しの手伝いを促すようになります。

    でも、悠介に好意を寄せる茜は、蒼志の態度が傲慢に思い、“悠介は自分達が頼んで住んでもらってる”と、食い気味に反発

    “自分が食わせてやってるのに…”

    ニャン玉
    ニャン玉
    悠介を擁護する妹達に、不満が溜まる日々だニャ。

    現場でも注意力散漫になり、“たまには息抜きも”クラブへ連れて行く上司&加地。
    そして、初の酒池肉林に溺れる蒼志。茜からの電話も取ることなく…

    その頃、熱で倒れた悠介はうわ言で“ゴメンなさい”と連発。看病する茜は、蒼志と連絡が取れず、不安なまま夜を明かし…

  • 君が僕らを悪魔と呼んだ頃(68話)

    羽生ダムの夫殺しの犯人は…?

    翌朝、復活した悠介は朝食を振る舞い、礼を言われて照れる茜。

    トイレを覗くと、酔いつぶれて寝ている蒼志が…不満爆発の茜。それを制し、寝かせてやるよう諭す悠介。自分が知っている兄の姿でなくなっていき、不安が募る茜。

    ニャン玉
    ニャン玉
    【シーン変更】羽生ダム事件の被害者宅だニャ。

    豊田大が、顔判別不可なほどハンマーで殴られた犯行現場

    警部は部下の柴崎に、本件についての考えを尋ねます。“最初は歓迎された同居人だけど、最終的に夫婦に虐げられた”。つまり、その恨みが溜まり犯行に及んだと推理。

    でも、怨恨の動機にもかかわらず、千恵は外傷もなく、ダムに身を投げたのはなぜか?その時、凶器(ハンマー)の指紋の主が誰なのか、認証結果が届きましたが…

    “指紋の持ち主は、ダムで沈んだ妻”

    驚愕する柴崎ですが…、夫妻の心を巧みに操り、妻に夫を殺させたと睨む警部。

    「それこそ考えうる限り、一番残酷なヤり方じゃねぇか?」

  • 君が僕らを悪魔と呼んだ頃(69話)

    何もかも都合が良すぎる…!?

    “ユーちゃんという人物が、千恵に夫に対する憎悪を燃やさせ、犯行に及ばせた”

    千恵が残した飼育日記を読みながら、恐るべき推理を働かせる警部…(以下日記)

    子供ができたら勇(ゆう)と命名する予定だった。

    子犬を拾った千恵は、その愛着心からユーちゃんと呼んだ。

    翌年3月に忽然と姿を消した子犬

    その1週間後、ホームレス姿の悠介が首輪を持って登場し、夫妻を案内した先は、自分で作った死んだ子犬の墓。

    悲嘆する千恵ですが、弔ってくれた悠介に感謝。

    風呂とご飯を振る舞うも、その翌朝悠介は去って行った。

    ここまでは良かったわけです。でも、キッカケさえあれば状況は勝手に進み出す…

    夫妻崩壊に導いた引き金について、話を進める警部。

  • 君が僕らを悪魔と呼んだ頃(70話)

    坂道を転げ落ちる豊田夫妻

    毎日欠かさず犬の墓に献花する千恵は、道中で不良とすれ違う。

    聞こえた言葉は、“ホームレス”、“汚ねえ石に「謝れ」の一点張り”。

    察した千恵が急いで向かうと、墓前でボロボロの悠介を発見。

    手当後、眠る悠介の傍らで、夫から事実を聞かされる千恵。

    “不良にいじめられていた犬を庇った”けれど、間に合わなかった…。

    そして、その後も不良たちに壊されまいと“必死で墓を守ろうとした”

    健気な悠介に涙する千恵は、しばらく置いてやりたいと提案し、夫も同意。

    (その時、悠介は薄眼を開けて夫妻の会話を聞いていました…

    悠介との同居生活が始まってから、坂を転げ落ちるように荒廃していった夫婦生活

    そして…夫は妻に撲殺され妻はダムで入水自殺。この救いようのない結末を、

    “この男による悪魔のような企み”と結論。全てがこの男のシナリオ通りだったらと…

  • 君が僕らを悪魔と呼んだ頃(71話)

    キレた蒼志に笑みが溢れる悠介!?

    ニャン玉
    ニャン玉
    【シーン変更】悠介が緑を迎えに行った帰り道だニャ。

    “「お店」や「お金が…」など、今まで聞いたことのない言葉でケンカしている”

    兄姉の様子がおかしいと打ち明ける緑に、“茜の美味い飯食って仲直りだ”と不安を和らげる悠介ですが…

    帰宅すると家の中がメチャクチャ。
    茜は膝を抱えて震えて、ただ泣くばかり…

    “義父か?”“泥棒か?”と聞くも首を振り、じっと一点を見つめる茜に、ついに悠介は禁断の一言を差し向けます…

    “あ、蒼志…か?蒼志なのか?なぁ、そうなのか!?茜!”

    瞳孔は開き、まさに人間が悪魔に取り憑かれたような喜悦の表情を見せる悠介。

    きっかけは、悠介にも家賃を払ってもらい茜も学校辞めて働けと言いのける、酔っ払い蒼志。

    茜は“あのアクマ(義父)と同じ”だと言い、キレた蒼志…

    “なぜこんなことに”と、苦悶にあえぐ茜。“へへへっ、そりゃこっちが聞きてぇよ”
    そう言って、“自分はただ生きてるだけなのに!!”と笑いながら自問する悠介…

    「違うよ!」

    悠介が義父から助けてくれた紛れもない事実を訴え、手を差し伸べた緑。そのまま、蒼志を迎えに行こうと2人を引っ張っていきます。

  • 君が僕らを悪魔と呼んだ頃(72話)

    悠介が耳元で囁いた言葉は…

    その夜、キャバクラで酒を煽る蒼志を見て、家族は大丈夫か…と心配する加地。

    “悠介がいるから心配ない”と笑う蒼志の目から涙が…

    “誰にも必要とされていない自分”を慰めようとするキャバ嬢。思いっきり振り払った蒼志は、そのまま倒れてしまい…

    ニャン玉
    ニャン玉
    ここから蒼志の夢の中だニャ。

    義父に殴られ金を奪われるも、妹達を守るために犠牲になることを厭わない蒼志。

    茜が働くと言い出すも、そんなことは頑として認めず、自分が腹一杯食わせてやると言うも、一人で守る自信もない。

    “俺が二人を支えてるつもりが、ずっと俺の方が支えられてたんだな…けれどもう”

    ニャン玉
    ニャン玉
    そして、夢から覚めるニャ。

    目覚めた蒼志に、加地は悠介に謝るよう言い、茜と緑と加地はアイスを買いに退出。

    悠介と2人きりに…どんな気分かと聞かれ、二日酔いで頭痛が酷いと答える蒼志に、

    「必死に守ってきた居場所を俺に盗られ、どんな気分かって聞いてんだ」

  • 君が僕らを悪魔と呼んだ頃(73話)

    悠介の悪魔発言に大爆笑!?

    守り通してきた“頼れるお兄ちゃん”が、突然現れたホームレスにかっさらわれ、ポッカリ空いた心の穴。それを酒と女で埋めるため、家の金をつぎ込み窮地に追い込まれ、

    “惨めだねぇ”

    泣くほど悔しいか?と煽る悠介に、なぜか爆笑の蒼志

    “以前、俺が疑った時といい、ホンット嘘つくの下手っすね”

    突然キャラ変し、怒らせようとする悠介の狙いは…“出て行け”と言わせること。

    でも、自分が勝手に独り相撲を取り、悠介に負い目を感じて欲しくないと答えます。

    戻ってきた妹達も悠介を引き止めます。

    ただ、茜に抱きつかれた瞬間、泣きながら全く同じことを言った千恵と、ボートに乗せた大の亡骸を思い出し、口を抑えて真っ青なまま倒れた悠介。

  • 君が僕らを悪魔と呼んだ頃(74話)

    悠介の引越し先はというと…

    “どうよ?そろそろ大黒柱としてのメンツは回復できそうか?”

    あれから1ヶ月後、解体現場の休憩中、加地に聞かれて渋い顔をする蒼志。

    ニャン玉
    ニャン玉
    ここから退院後シーンだニャ。

    土下座して茜に許しを請う蒼志は、“使い込んだ金をキッチリ返す”と誠意全開。お金は蒼志が稼いだものだから…と言う茜。

    “これで仲直り!”と、明るく緑にまとめられ、苦笑する二人。

    退院後、金欠の蒼志に資金援助してくれた悠介。蒼志は、家賃と生活費を助けられたことを振り返ります。

    さらに、蒼志たちの家を出て、たまたま空いていた隣の部屋に引っ越し、頻繁に緑の幼稚園の送迎をしてくれる悠介。

    全ては蒼志の采配。皆んな悠介と一緒にいたいと改めて伝えると、悠介は物憂げに自分だったら潰れてるとつぶやきます。

    そう言った後、玄関チャイムが鳴り、緑かと思った蒼志がドアを開けると、

    “やっと見つけた。この人殺し”

  • 君が僕らを悪魔と呼んだ頃(75話)

    恩田夏樹と悠介の関係とは?

    突然、悠介の胸ぐらをつかむメガネ女を、何やってんだと止めに入る蒼志。
    そして、部屋から出てきた妹達を見て…

    “なるほどね。もう次の獲物に目をつけたわけだ”

    不審がる茜に、名刺を差し出すフリージャーナリスト 恩田夏樹。

    悠介を数年間追いかけてきた恩田は、彼が一体何をしてきたか話そうとしましたが、あっさり断る蒼志。そして、追い返す緑と茜。去り際にまた出直すと言う恩田。

    解体現場の先輩上司にも恩田の一件を話すと、すでに聞き込み済みとのこと。

    加地は恩田の話も念のため聞いた方が良いと促すも、悠介を疑うことなんて決してできない蒼志は笑って誤魔化すだけ。


    ニャン玉
    ニャン玉
    そして、この1週間後のシーンに移るニャ。

    ナイフ片手にぶら下げた蒼志の目の前に、血まみれの義父が横たわる姿が…

  • 君が僕らを悪魔と呼んだ頃(76話)

    義父と恩田が手を組んだ…!?

    悠介の誘いで、鍋を囲いながら、団欒を楽しむ蒼志たち。

    “恩田が言ったことは全て本当の事だ”と訴える悠介を、全く信じようとしない蒼志。

    ニャン玉
    ニャン玉
    シーンは再び、義父を見下ろしながら苦笑する解体現場に移るニャ。

    義父という悪魔と、悠介が同じなはずがないと言い聞かせる蒼志。

    “なんか喋れよ…アンタが俺を呼び出したんだろ!!”

    ニャン玉
    ニャン玉
    再び恩田が来た翌日に移るニャ。

    “ヨォー、蒼志ィ、久しぶりー”

    3ヶ月ぶりに掛かってきた義父の電話に、警戒心むき出しの蒼志。

    義父は恩田から一部始終を聞かされ、悠介をムショ送りにすると計画!?焦った蒼志は、一旦待つように交渉すると…

    “1週間後に10万持って解体現場に”

    義父の要求に応じる蒼志。護身用のナイフをギラつかせながら、

    (今度は俺が、ユースケさんを守る番だ)

  • 君が僕らを悪魔と呼んだ頃(77話)

    義父を殺した犯人とは…?

    金曜朝、相変わらず不在の悠介。玄関チャイムが鳴り、顔を出したのは例の女記者。

    “義父はクズ人間”だと言い、なお義父を利用してまで悠介逮捕にこだわる恩田。胸ぐらを掴んで、追求する理由を聞く蒼志。義父よりもはるかに危険だと答える恩田。

    ニャン玉
    ニャン玉
    ついに金曜夜になったニャ。

    10万円護身用のナイフを持って辿り着いた解体現場。そこには、すでに死んで横たわっている義父の姿が…

    土曜早朝、ガバッと起きた蒼志は、昨晩の件を必死で整理。

    その時、玄関チャイムが鳴り、現れたのは恩田ではなく、まさかの警察。


ニャン玉
ニャン玉
78話から先は8巻のネタバレになるニャ!

以下、8巻のネタバレ記事になります!

君が僕らを悪魔と呼んだ頃8巻(最新刊)の発売日やネタバレ感想!こんにちは、マドカです! この記事では、2019年6月7日発売の『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』8巻のネタバレと感想を紹介します! ...

君が僕らを悪魔と呼んだ頃7巻を無料で読む方法

『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』7巻のネタバレに目を通して頂きありがとうございます!

でも、どうせなら悠介たちの絵を見ながらストーリーを追っかけていきたいですよね…

そこで、U-NEXTなら初回登録に限り、登録後すぐに無料で読むことができるのです!

ニャン玉
ニャン玉
U-NEXTとは、国内最大の動画配信サービスで、マンガ作品数も16万点以上もあるから、見たい漫画が揃っている可能性は高いニャ。

通常単価453円のところ、31日間無料お試し登録した方には600円分のポイントが付与される為、そのポイントを使って無料で読む流れになります。

▼U-NEXTなら登録後すぐに読めます▼
\31日間無料・登録後600ポイント付与/

今すぐU-NEXTに登録するただし、31日以内に解約しないと月額1990円(税別)が発生しますので、ご注意ください。

ニャン玉
ニャン玉
U-NEXTの解約方法は以下記事で詳しく解説してるニャ。

U-NEXTの解約方法はサイトにログインしてから、1分くらいで済むほど簡単です!

\解約方法を画像付きで解説しています/

U-NEXTの解約方法はこちら

もし、U-NEXTを既に利用済みの場合は、他の無料で読めるサービスもぜひ参考にしてみてください!

U-NEXT以外の無料で読めるサービスをチェックする

君が僕らを悪魔と呼んだ頃7巻の感想・考察

今回は、悠介が自分に宿している悪魔に、もがくシーンがありました。もう二重人格です。

自責の念なのか…苦悶する悠介を目の当たりにした姉妹は、何とかして悠介の責任ではないことを訴えたかったはず。

そこへ、ちょうど緑が「自分を助けてくれた」まぎれもない事実をもって、悠介を解放へと導きました。まさかとは思いますが、それすらもシナリオ通りって可能性も…(笑)

加地の客観的視点に期待…!

中学から20歳までの数年間、忍耐と必死の努力で築いてきた姉妹の信頼が、1ヶ月かそこらで水泡に帰したと思うとやりきれませんね。

それほどに、人間の心というものは弱く脆いものなのか…

悠介手の届く内部にいると、こんなにも追い込まれてしまうのかと怖さを感じるます。

しかし、その反面、外部の勘の鋭い人間からは、そのカラクリ(シナリオ)が見えるのではないかと思いました。

もしそうなら、蒼志を客観的に見守っている加地なら、悠介の本質が少なからず見えているのではという期待が持てます。

警察に疑われた蒼志がとった行動とは…

ついに警察が絡んできて、犯人でもない蒼志が精神的に追い詰められる構図ができました

あとは、悠介が姿をくらましておけばOK。

自然と蒼志が壊れて、警察や恩田に手を上げて逮捕されるか、追い詰められて事故死という展開を待つだけになりました…

ただ、警部が有能っぽいので、悠介の張り込みと同時に、蒼志の動向も追っかけるコトにしたっぽいですね。

義父の死体を片付けたのが警察だったら、蒼志は保護される側に回るため、悠介の計画は破綻する可能性が高まります。

逆に、死体を隠したのが悠介なら、蒼志は言い訳で警部の手から逃れ、悠介が疑われないように普段通り振る舞うでしょう。

そして、こっそり死体探しに馳け回るうちに、悠介とバッタリ会い、悠介は自分が義父を殺ったと言い迫ります

①茜誘拐未遂、②蒼志の急性アル中で入院、③恩田が来た日の鍋会。

3度悠介が持つ悪魔の顔を見ながらも、悠介を信じた蒼志は、4度目の悠介の顔を見て、それでも信じることができるのでしょうか?

あくまで予想ですが、なんにせよ蒼志が報われる形であってほしいなとは思います。

君が僕らを悪魔と呼んだ頃8巻(最新刊)の発売日やネタバレ感想!こんにちは、マドカです! この記事では、2019年6月7日発売の『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』8巻のネタバレと感想を紹介します! ...

まとめ

以上、『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』7巻のネタバレと感想・考察の紹介でした。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^

ちなみに、『君が僕を悪魔と呼んだ頃』を全巻無料で読めるか調べた結果は、以下記事に詳しく紹介しています。

ニャン玉
ニャン玉
もし、お得に漫画を読んでみたい場合は、必ずチェックしたほうがイイニャ。
君が僕らを悪魔と呼んだ頃9巻(最新刊)を含む全巻無料で読む方法!こんにちは、まどかです! さの隆先生の『君が僕らを悪魔と呼んだ頃』9巻(最新刊)ですが、U-NEXTなら登録後すぐに無料で読むこと...