二月の勝者

二月の勝者48話(最新話)のネタバレあらすじ・感想!【毎週更新】

こんにちは、マドカです!

この記事では、2019年5月13日発売した週刊ビッグコミックスピリッツ(24号)連載の『二月の勝者』48話ネタバレと感想を紹介します。

もし、『二月の勝者』最新話を無料で読んでみたいという方は、music.jpという配信サービスがおすすめです。

『二月の勝者』の最新話を
今すぐ無料で読む
※週刊ビッグコミックスピリッツの購入ポイントは370〜380ポイントです。

以下、前回のネタバレ記事になります。

二月の勝者6巻のネタバレ感想や発売日!ジャイアントキリングとは?こんにちは、マドカです! この記事では、単行本『二月の勝者』6巻のネタバレと感想を紹介します! (6巻予想話数:46話〜54...

二月の勝者48話のネタバレ感想

1人夜な夜な塾に残り、夏合宿のレポートを読み込み思案を巡らす黒木。

“大波乱必至”

一体、何を察したのでしょうか?

では、48話のネタバレを見ていきましょう!

合宿翌日、家でストレッチ中の佐倉は合宿を通して、生徒同士の横の関係が深まった様子を思い出しほっこり。ただ、自分の不甲斐なさが目立ってしまい、もっと頑張らねばとモヤモヤ。

そこへ、“渡りに船”と言わんばかりに、合宿で知り合った新任のグループラインで飲みの誘いがあり…

イタリアン店で乾杯する4人。

  • 御茶ノ水校:碧山皐月
  • 池袋校:棚橋和馬
  • 自由が丘校:松山沙耶
  • 吉祥寺校:佐倉麻衣

学生時代から塾講でバイトして、クラスまで持っていた苦労話に花咲かせる、棚橋と松山。そして、その話にしっかりキャッチボールをしながら、メニュー選びからドリンク追加など、スマートな気配りを見せる“飲み会マスター”碧山。

そんな楽しい雰囲気の中、佐倉は生徒に対する指導のコツを聞き、碧山からマジメだな〜とたしなめられ、興味津々な話題は給与の話に…

池袋校の校長が院卒で、塾講以外の選択肢はなかったのかと不思議がる棚橋。

理由は、助教授のポストが簡単に空かないことと、文系院卒だと就職困難な側面もあるため。

碧山は、社長も言っていた“未来のエリート育成がしたい”という人がいる例に挙げ、分析を語り始めます。

  1. 東大合格者は首都圏私立出身者が4割弱
  2. 首都圏の中受の生徒育成=日本のエリート育成
  3. 東大生の家庭年収は950万円以上が6割で、私立に通える経済力も高水準

それを体感し、周りも中学受験して私立が多かったと言う碧山…ってことはと、3人が注目すると…

“ああ僕 一応東大卒”

一同驚愕の顔に、碧山は“なんで塾講って聞くんでしょ?(笑)”と曖昧な表情。

佐倉の印象では、チャラそうに見えて頭脳派、会話の腰を折らずに気配りもできる切れ者、さらに爽やかイケメン…

完璧な人間にモヤッとする佐倉。そして明日の準備のため帰ろうとする佐倉に、要領よくやろうと言う碧山。

東大卒とは処理能力が違うと言い残しサクッと帰る佐倉は、分かっているだけに若干気にした様子。

日、吉祥寺校でのミーティングで、模試の種別リストを配布し、入試本番を想定して模試選定するよう促す黒木。

終わった後、黒木に相談。Rクラスを受け持つ以上、一生懸命授業をしたいと懇願する佐倉。しかし…

“貴女のような「アタマも筋肉」みたいな講師が、一生懸命になればなるほど授業は空回りする”

そして、ジャイアントキリングを成し得る可能性“自分の頭で考えているか”という点が関与しているとアドバイス。

思考と生徒の成績は直結する。生徒に“いかに頭を使うか”を、自分の頭で考えるよう指南を受け、佐倉は再度奮起します。

いよいよ、夏の成果が顕著に数字に表れる「合格判定模試」がスタート!

この先は、次号の「週刊ビッグコミックスピリッツ」の発売までお待ちください!

二月の勝者の最新話を無料で読む方法

『二月の勝者』の最新話ですが、せっかくなら漫画で読んでみたいですよね。

music.jp(配信サービス)なら、週刊ビッグコミックスピリッツで『二月の勝者』の最新話を今すぐ無料で読むことができるので、ぜひ試してみてください!

\30日間無料・登録後961ポイント付与/

music.jpの公式サイトはこちら登録後すぐに961ポイントを無料でもらえて、30日以内に解約すれば1,922円を支払わず0円で済ませることができます

二月の勝者48話の感想・考察

なぜ東大生は一応なのか…?

過去に書籍化された同タイトルがありました。「東大」が特別ブランドと評価しがちな日本社会の批判が主な内容。

東大生としては特別な印象があるわけではないので、胸を張ってドヤッ東大出身と言うわけもなく、サラッと紹介して息するように流す程度のもの。

羨望と嫉妬が入り混じった特別視する非・東大生と、埋めがたい溝が勝手に開いていく。

特に、作中の碧山はキレッキレの頭脳に気配り&イケメンと言うハイスペック所有者。凡人の佐倉からしてみたら、どうしても無意識にも比較してしまう。

そんな細かいやり取りが描写されているのも、面白さの一つかと思いました。

ジャイアントキリングを成し得る思考法

再度ジャイアントキリングの意味を確認しますと…

番狂わせ(ばんくるわせ)は、予期せぬ事態により物事が思惑どおりに進まなくなること、またはスポーツの試合などにおいて戦力や過去の実績で上回る競技者や競技チームに対して格下と見なされる側が、事前の予想を覆して勝利することを指す言葉である。

受験に置き換えると、放物線上に成績がグーンと伸び、数日間で何倍もの理解力や知識を得られる可能性のことです。

今までつまずいていた項目を理解した瞬間、ドドドッて問題が解けていく感じ。

黒木先生はそれを、「自分の頭で考えること」に焦点を当てているわけですね。

人からのアドバイスは数多く聞いてきた佐倉が、今度は自分なりに答えを出す時がきたようです。

生徒たちの模試の結果に合わせて、どう指導していくかがキーになってきそうですね!

まとめ

以上、『二月の勝者』48話のネタバレと感想でした。

それでは、最後までお読みいただき、ありがとうございました(^^

music.jpで『二月の勝者』最新話を読む