最新話ネタバレ

ネオレイション7話(最新話)ネタバレと感想!テルミット法に散る安西

こんにちは、マドです!

この記事では、2019年2月4日発売の「週刊少年ジャンプ(第10号)」で連作中の漫画『ネオレイション』7話ネタバレと感想を紹介します。

ちなみに、前話を詳しく知りたい方は、以下ネタバレ記事よりご覧いただけます!

https://dramad-tv.com/2019/01/28/ne0lation-06/

ネオレイション7話のネタバレ

7話の見どころは、レミング編のエピローグとして、ネオが咲を励ます意外なシーン

そして、安西を警察から隠し、身柄を助けると思いきや葬る、新たな敵キャラ登場

かなりのサイコ野郎で、ネオを仲間に引きずり込もうと考えています。

ニャン玉
ニャン玉
では、細かくネタバレを見ていくニャ。

安西准教授に逃げられたんかいっ!

自宅のテレビで、安西が逃亡したニュースを見ている大梧と姉。

ニャン玉
ニャン玉
家着なのに、姉の服が胸元ザックリで気合い入れすぎだニャ。

安西のmotokoの研究は別として、ニュースでは「Thync(シンク)」というAIを紹介。

装着型端末で、頭に付けるとリラックスできたり、やる気が出たりと、仕事効率化に役立つものもあるとのこと。

↓これのこと?

安西のmotokoの開発行為は、「食材を切る包丁が凶器になる」とニュースでコメント。

ニャン玉
ニャン玉
結構自由にコメントできるニュース番組ってことだニャ。

大梧はネオに、motokoから安西の居場所を割り出せないかと尋ねるも、

「(motokoの予測が及ばないってことは)他の人間が関わってる可能性が高い

逃亡の手助けをしている人物を危惧する大梧に、「放置でOK」と安西など眼中外なネオ。

レミング計画を崩したのは咲!?

翌日の学校で、ユッコのダンス練を眺めている咲に、ネオが家出の理由を聞きます。

「普段通りの生活のまま自殺させれば、怪しまれることはなかった」

咲曰く、指示通りに動かなければ家族や友人も唯じゃすまない…とレミングに言われ、それが怖くなって逃げ出したとのこと。

「私が一人になれば、みんなに少しでも迷惑かからないようになるかな…って」

咲の家出が、レミングの指示外だったことに、改めて安西の無能さを笑うネオ。

同時に、自分より他人の安全を優先させた、咲の思いやりに感謝するネオ。

「レミング計画を最初に崩したのは君だ、宮内咲さん」

お礼はネオの人質になること!?

お礼をしないと気が済まない咲に、ネオは一つの条件を与えました。

「また死にたくなったら、ホットドック買って僕のところへ来い」

人間は資源で、レミングのように無駄死にさせない為に、有効利用するのが目的。

そして咲は、助かって生きているだけで家族や友人から喜ばれる存在であること。

だから、咲を人質にすることで、周りの人物を言いなりにできる。

「君にはそれだけの価値がある」

ネオの遠回しな励ましに涙する咲と、それを見つけて「悪党!」と笑うユッコ。

安西を助けたサイコな新キャラ登場

安西は逃走を手助けしてくれた、新キャラ「ジェヴォーダン」と向き合います。

助けた理由は、5人目の仲間にとして、安西の中に“獣”を見出した為。

レミングゲームという犯罪プランの提供元も、実はジェヴォーダンだったわけです。

ニャン玉
ニャン玉
コスプレ並の服装で、完全に目がイっちゃってるニャ。

自殺のサンプルが集まって嬉々とする一方、浮かない顔の安西は、

「私はこれからどうなる!?こうして逃げ続けるられるのか!?絶望だ…!」

完全に精神的に追い詰められた安西に、寄り添い囁くジェヴォーダン。

「あなたは僕が絶対に警察には捕らえさせません!」

ニャン玉
ニャン玉
すがるように手を握る安西が、もはやフラグでしかないニャ。

警察が発見したのは壁一面の…

警察が侵入した倉庫は、すでにもぬけの殻。

安西捜索隊のボス刑事「丸さん」と、女刑事「花畠(はなはた)」は、顔を歪ませます。

壁一面に、人間の血で描かれた獣のマークを発見。

ニャン玉
ニャン玉
これが敵のトレードマークってことになるニャ。

一生警察には捕まらない安西

一方、テルミット法を用いた冶金(やきん)を行っている施設内に、シーン移動。

施設の管理者っぽいギデオンと一緒にいるのは、灼熱の炎を見下ろすジェヴォーダン。

「さすがギデオン!こういう処理の仕方があったか!」

感心するジェヴォーダンの視線先には、炎に包まれた安西のトイレ用サンダルが…

「3000℃。肉も骨も遺伝子も溶けてなくなる」

レミングを自分らの“5人目”にするつもりだったが、当てが外れたジェヴォーダン。

ただ、レミングの動画を撮ったハッカー…

つまり、ネオを候補にすると切り替えます。


相変わらず、味方にも敵にも人気のネオですが、今回の敵はハッキングで何とかできるレベルではない気がしますね…

この後の展開は、次号に続きます!

ネオレイション7話の感想・考察

安西のバックにいる黒幕がついに登場し、これから長い戦いが予想されますね!

しかし、ネオレイションは毎回ツッコミどころが多くて…それも一つの楽しみですが(笑)

ニャン玉
ニャン玉
ニュース番組も安西が准教授かどうかなんて気にしてないニャ。

安西が処理された「テルミット法」の施設を、個人で管理できる規模なのか疑問

死体処理方法として、あのバカでかい施設を作ったわけじゃないはず。

なので、きっと普段は民間の研究施設として、運用されていると考えておこうかと…

ニャン玉
ニャン玉
今回は、ハッキングで倒せる相手じゃないと察し…だニャ。

どう考えても、ネオ並にIQ高そうで狡猾な敵キャラなので、PC1台で何ともならん気が…

おそらく、警察が登場したので、どうにかタッグを組ませて組織化すると予想されます。

ニャン玉
ニャン玉
なかなか、渋いコメントも見受けられたニャ。

まだ7話目ですからね〜。

ネオと周辺人物の描写が整い、ようやく最初の真打登場って段階。

なので、これからがネオの本気の決戦が見られると期待したいですね!

さいごに

以上、ネオレイション7話のネタバレと感想になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました(^^