日常崩壊

東京卍リベンジャーズ15巻の発売日とネタバレ感想!

こんにちは、マドです!

この記事では、単行本『東京卍リベンジャーズ』15巻ネタバレと感想を紹介します!

『東京卍リベンジャーズ』の最新刊を絵付きの漫画で読んでみたいという場合、U-NEXTなら登録後すぐに無料で読むことができます!

\U-NEXTの公式サイトはこちら/

『東京卍リベンジャーズ』
最新刊を今すぐ無料で読む
すでにU-NEXT利用済みの方は、music.jpでも同じ金額で読めるので、ぜひ試してみてください。

music.jpの公式サイトはこちら

14巻のネタバレは以下記事からどうぞ!

東京卍リベンジャーズ14巻のネタバレ考察!関東事変を開始?こんにちは、マドです! この記事では、単行本『東京卍リベンジャーズ』14巻のネタバレと感想を紹介します! 『東京卍リベン...

東京卍リベンジャーズ15巻のネタバレ

15巻の見どころは全部で9話分ありますので、順番にネタバレしていきますね!

  • Point1(126話)

    二人のナホヤ現る‼︎

    横浜天竺総参謀となった稀咲に驚くタケミチ。

    そんな彼に、“自分は自分なりの東卍を作り上げる”と宣言します。

    千冬を痛めつけて連れてきた天竺四天王の望月が現れ、部下達に新宿に向かうからタケミチ達を痛めつけるように指示します。

    絶体絶命の中、バイクが乱入して天竺の不良達を蹴散らしていきます。

    逃げ去っていったところに河田ナホヤが現れ、怒りながら優しい言い方をするので困惑するタケミチ。

    そこへ、ニコニコしているもう一人のナホヤがやって来たので、余計に混乱します。

    ニコニコしてるナホヤは兄のスマイリーナホヤで、怒っているナホヤは弟のアングリーソウヤ。

    肆番隊の隊長副隊長にして、双子の兄弟だったという…

  • Point2(127話)

    横浜に向かう中タケミチは…

    ナホヤとソウヤに助けられた横浜へと向かうタケミチ達。

    千冬に望月にやられたんだろうと尋ねるナホヤ達。

    不意打ちを喰らっただけだと言う千冬。

    負けたことがあると告白するナホヤ達。

    双悪と言う不良チームを組んでいた際に望月とタイマンして負けた事を話します。

    彼らにとって不名誉な話を何故楽しそうに話せるのか疑問に思って尋ねる千冬。

    対して自分達はタケミチ達と同じで勝てる喧嘩はしないと答えるナホヤ達。

    早速、天竺の不良達を見つけたナホヤ達。

    アジトの場所を聞きこもうと向かうのに対してこの場に残るタケミチと千冬

    問題を解決しても状況が悪くなっている事や、操りやすい東卍を作ろうと宣言していた…

    これらのことから稀咲もタイムリープをしているのでは!?と言う仮説を千冬に話し…

  • Point3(128話)

    出揃う天竺四天王‼

    稀咲もタイムリープしているのではないかと焦るタケミチ。

    現代で稀咲が命を落としているのなら、今は必死な筈だと諭す千冬。

    稀咲も今回の時間軸では失敗してるんじゃないかと悟るタケミチ。

    そして稀咲がタイムリープしているかどうかを確かめようとします。

    その頃新宿では、天竺四天王の望月と戦闘中の三ツ谷

    互いを認め合いながら戦う両者。

    しかし、不意打ちで三ツ谷を倒す灰谷兄弟

    望月に油断しているうちに倒すのが一番だと忠告します。

    同じ頃、渋谷で東卍と戦っていた班目

    その頃、アジトに入ったタケミチ達。

    天竺四天王の鶴蝶と多くの部下がいた事から、アジトの場所を教えた部下に嵌められた事に気づきます。

    そんな鶴蝶はタケミチに対して…

  • Point4(129話)

    鶴蝶の真意は…。

    兵力差で圧倒的不利なタケミチ。

    部下達を下げらせて、4対1で戦うと言う鶴蝶。

    対して1対1のタイマンを申し込むナホヤ。

    その頃、たい焼きを片手に海を眺めているマイキーの元に現れる黒川イザナ

    たい焼き君の歌の最後はどうなるんだっけとマイキーに問いかけ、また会おう”と言って去ります。

    その頃、タイマンはナホヤの勝利に終わりました。

    負けた悔しさをあらわにするように叫ぶ鶴蝶。

    それを聞いて彼が自分の幼馴染だということに気づくタケミチ。

    彼にとって昔はタケミチがヒーローでした。

    しかし今は総長のイザナがヒーローだと言います。

    敵だからこそ頼む鶴蝶は…

  • Point5(130話)

    緊急集会開催!

    鶴蝶からイザナが稀咲に利用されている事を知るタケミチ。

    そして、東卍は緊急集会を開きます。

    この集会で何らかの手掛かりをつかみたいと思っていましたタケミチ。

    各隊の隊長達が集い中、天竺の襲撃を受けた事を伝えるドラケン

    それに対して、何を言っているのか分かっていない襲撃を受けていない隊員たち。

    ”壱番隊が知っている事を話せ”と言われ、望月の事を話す千冬とナホヤ。

    千冬は望月の事をS62世代の一人だと語ります。

    S62世代と言う言葉に反応するタケミチ。

    天竺はその世代の者達一つにしたチームなのだと読むマイキー。

    逆襲に転じるようにと言うマイキー。

    稀咲の思い通りに動かされているのではないかと感じ、現代に戻る事を決意したタケミチ。

    千冬からも勧められたタケミチはナオトの家へと向かいます。

    彼が来るのを待っているヒナが現れ…

  • Point6(131話)

    現代で何を得られるのか?

    現代に戻ってきたタケミチ。

    過去の事をナオトに話します。

    稀咲が本当にタイムリーパーなら始末するしかないと言い放つナオトに困惑するタケミチ。

    12年前は天竺を使って東卍を乗っ取ろうとしていた稀咲…

    今では天竺の名前も無く稀咲も既にこの世にいないと言うナオト。

    その話を聞いて想定外の事態が起こったのだと考えるタケミチ。

    ナオトが東卍の相関図を書き始めると、そこには天竺の総長のはずのイザナの名前が…

    ”イザナは東卍の幹部であり、元黒龍の総長だった”と語るナオト。

    過去と状況が全く異なるのでイザナを調べる事にした2人。

    過去に黒龍とやり合った教会にやって来たタケミチ。

    過去の事を思い出すと同時に、現状が悪くなっていく事を嘆きます。

    そんな中、大寿が現れて…

  • Point7(132話)

    明かされる真実!

    太寿に会えたタケミチと合流するナオト。

    彼からイザナの事を聞き出そうとします。

    タケミチが聞きたいのはイザナがどうやって黒龍、東卍に属したのかでした。

    しかし、”順番が違う”と言って黒龍創立の話から始めた太寿。

    黒龍を創立したのはマイキーの兄

    そして、彼の伝説を次の総長達が受け継いでいきます。

    イザナは八代目総長自分より2歳上のS62世代だった事を話す太寿。

    そして、総長をやめてから天竺を作ったイザナ。

    東卍相手に東京事変を引き起こすも結果は両チームの合併で終わったと告げます。

    その結果、愚連隊が誕生したと言う事実を知り、稀咲の思うままになっていると感じるタケミチ。

    稀咲の事について尋ねると共に、独自に調べたイザナの事を話し始めるナオト。

    イザナの手によって海外に逃がされた稀咲

    今はイザナが東卍のトップになっていて、マイキーからドラケン以上に信頼されていた事に驚くタケミチ。

    そこへ兵隊を引き連れたココと乾がやって来て…

  • Point8(133話)

    タケミチの前に現れた稀咲

    太寿の元に来て話を聞いていたタケミチとナオトの元にやって来た乾と九井

    彼らはタケミチ達は東卍の敵と判断し、捕らえに来たのです。

    そんな彼らに”立場をわきまえろ”と言い放つ太寿。

    彼は、タケミチ達に”この場から逃げろ”と言います。

    しかし、内心ではかなり厳しいと感じていました。

    八戒を始末したのはマイキーではなくイザナではないかと踏んでいる太寿。

    ”真相を探ってくれ”とタケミチ達に頼むと、東卍との戦いに身を投じます。

    逃げる途中、乾と九井の存在が関東事変とイザナの事を知る鍵ではないかと考えるタケミチ。

    察したナオトは行くように促しますが、そこに現れたのは稀咲

    彼は銃口をタケミチに向け…

  • Point9(134話)

    ヒナはタケミチに惚れた…?

    稀咲に撃たれたて地面に倒れるナオト。

    ナオトを心配するタケミチの元に現れたイザナ。

    ナオトを自らの手で始末したかったので、稀咲に対して文句を言うイザナ。

    タケミチに視線を向けると、彼はマイキーを始末したと怒りと憎しみを抱いていました。

    今のイザナの言葉の意味を考えるタケミチ…

    そんな彼の元に鶴蝶が現れ、ザナの命令でタケミチを撃ちました。

    ナオトに謝るタケミチに対し、自らの思いを口するナオト。

    まず、現代で出会った頃はどうしてヒナがタケミチに惚れたのかがわかりませんでした。

    しかし、何度も諦めないタケミチの姿を見て”ヒーローとはこういう事なんだと考えを変えられた”と言いました。

    そして、タケミチを過去に飛ばそうと手を伸ばすナオト。

    そんな彼の思いを受け取ったタケミチは…


ニャン玉
ニャン玉
135話から先は16巻のネタバレ記事に続くニャ!
東京卍リベンジャーズ16巻の発売日とネタバレ感想!こんにちは、マドです! この記事では、単行本『東京卍リベンジャーズ』16巻のネタバレと感想を紹介します! 『東京卍リベン...

東京卍リベンジャーズ最新刊を無料で読む方法

『東京卍リベンジャーズ』の最新刊ですが、せっかくならタケミチたちの作画と合わせて読んでみたいですよね。

そんな時、U-NEXTなら初回登録後すぐに無料で読むことができます!

ニャン玉
ニャン玉
本体価格462円なので、無料付与される600ポイントに収められるニャ。
▼現在の最新刊はこちら▼
\31日間無料・登録後600ポイント付与/

今すぐU-NEXTに登録する登録後31日以内に解約すれば、月額1,990円(税別)の請求はありません。

ニャン玉
ニャン玉
U-NEXTの解約方法は以下記事で詳しく解説してるニャ。
\解約方法を画像付きで解説しています/

U-NEXTの解約方法はこちら

すでにU-NEXT利用済みの方は、music.jpでも同じ金額で読めるので、ぜひ試してみてください。

music.jpの公式サイトはこちら

東京卍リベンジャーズ15巻の感想・考察

双子の登場で戦況を覆せるのか…?

今回登場した双子のスマイリーナホヤとアングリーソウヤですが、彼らの登場でこの状況を覆せるのではないかと思います。

常にニコニコしているので、スマイリーナホヤ。

常に怒っているので、アングリーソウヤ。

と言う、ちょっと安易な名前ではありますが、肆番隊のトップを張っているので戦闘力は間違いなく高いと思います。

彼らを中心に、この絶望的な状況を打破していくとは思いますが、気になるのはタケミチが彼らの事を知らなかった事です。

肆番隊のトップを務めているのにも関わらず、全く知らないという事は、彼らとの面識が無かったのでしょうか。

取りあえず次回は、新宿に向かって天竺の者達の元に行って、彼らを中心に攻めるはず。

そして、戦っている姿を見て奮い立ったタケミチ達も、天竺の構成員に立ち向かっていくのではないかと考えられます。

稀咲のタイムリープは事実なのか…?

天竺のアジトの場所を聞き出そうとナホヤ達が不良達に立ち向かう中で、タケミチは千冬にもしかしたら稀咲も自分同様にタイムリープしているのではないかと言う仮説を立てていました。

案外、その仮説は当たっているのではないかと思います。

折角タケミチが頑張って変えた未来を、稀咲が変えていたのであればこれまで起きた出来事全て辻褄が合います。

この事からタケミチが何とか未来を変えようと奮闘していますが、一部の出来事が変更されていても稀咲が何らかの形で東卍を自分の物にするようにする事で未来では別の事件が起こり、それをタケミチが変えようと過去に向かうと言うイタチごっこになっている状態にあります。

この仮説からタケミチが頭の切れる稀咲の策を上回れるかにかかっているのではないかと思われます。

天竺四天王とは…?

今回の話で天竺が東卍を潰そうして部下達を引き連れて出てきた望月を始めとして、残る四天王全員が出てきたみたいですね。

今回千冬を倒し、過去にソウヤとナホヤを倒し、三ツ谷と互角に戦った望月、不意を突く形でその三ツ谷を倒した灰原兄弟、元黒龍総長の斑目と屈指の実力者揃いです。

そして最後に登場した鶴蝶も四天王の一人として数えられていますが、如何やらタケミチの事を知っているようです。

対してタケミチは彼の事を全く知らない様子で、もしかしたら彼の知らないうちに因縁が出来たとかではないでしょうか。

現状では東卍はピンチですが、四天王が一か所に固まっていないのが唯一の救いかつ追い詰められている東卍が逆転できるチャンスでもあると思われます。

鶴蝶の言葉の真意とは…?

今回の話で天竺四天王の一人である鶴蝶がタケミチの幼馴染で、イザナを止めてほしいと頼んできました。

この事から天竺は一枚岩ではないと言う事が分かってきます。

本来なら天竺全体が意思統一された状態で、打倒東卍の筈なのに鶴蝶だけがこういう考えを抱いているのはおかしいです。

もしかしてですが、天竺全体が稀咲の操り人形になっているのではないでしょうか。

天竺に潜り込んだ稀咲は彼らを操って東卍を一度潰して自分が操りやすい東卍を作ろうと、イザナを丸め込んで攻め込ませたのではないかと思われます。

末端の者達も鶴蝶以外の四天王もイザナの命令に従って動いているものと思われます。

そんな中、鶴蝶は命令に従いつつも稀咲に胡散臭さを感じたのでタケミチに止めるように頼んだのではないかと思われます。

タケミチは現代で何らかの情報を得られるのか…?

今回の話でタケミチは稀咲の思惑やタイムリーパーなのかを確かめるためにナオトに会って、現代に戻ることを決めました。

天竺の総長であるイザナを焚きつけて東卍に差し向けたのが稀咲なら、s62世代を天竺に引き込んで取りまとめたのも稀咲の可能性が高いです。

この事からタケミチは現代に戻って、色々な情報を仕入れてくると思われます。

この行動はもし稀咲がタイムリーパーでなければ、タケミチを妨害する可能性があるが、裏を返せばタイムリーパーであれば今は過去にいるので邪魔をすることは出来ないので、タイムリーパーかどうかを確認出来るのです。

タイムリーパーなのかどうかを確認しつつ、情報を集めたタケミチが過去に戻ってその時の情報を話す事で東卍が逆襲に転じる展開になるのではないでしょうか。

天竺には警察関係者が所属していた…?

今回の話で天竺の総長である黒川イザナは現代では東卍の幹部であり、元黒龍の総長である事が明らかになりました。

明らかに違い過ぎるので、天竺の名前は何らかの形で隠された可能性があります。

隠された理由は、天竺の組織に警察関係者が所属していたからではないかと思われます。

元々、天竺は神奈川をイザナ一代で統一する程の組織なので、名前を隠蔽するのは不可能。

隠蔽するという事は、天竺には警察関係者が所属していた可能性があります。

警察としては、そのような事実に蓋をしたいと思っているはず。

なので、天竺の名前を組織がらみで隠蔽し、イザナを黒龍の元総長だったという事にしたのだと思われます。

どちらにしろ、次回で事実が明らかになると思われます。

イザナは何故マイキーに信頼を寄せられていたのか…?

今回の話でイザナは黒龍の八代目総長で、天竺を創設して東卍と戦い、ナンバー3として東卍の幹部となり、マイキーと稀咲がいないので実質トップに君臨している事が明らかになりました。

太寿の言葉からイザナはマイキーからドラケン以上に信頼を寄せられていた事も明らかになりました。

マイキーとドラケンは古くからの付き合いであり、彼らの間にイザナが入りこむ隙が無いように思えます。

恐らく信頼を寄せられていた理由は、東京事変の時にマイキーとイザナが戦い、かなりの強さをその身で感じ取ったマイキーは合併した後、イザナをその強さ故に信頼したのだと思います。

その一方でドラケンはその事変で何らかの失態をした事で、マイキーの信頼が崩れた可能性もあるかと思われます。

イザナを知るであろう2人…?

タケミチ達を捕えに来た乾とココでしたが、太寿の働きかけによってタケミチとナオトは脱出しました。

逃げている際、タケミチは乾とココの存在が黒川イザナの事を知る手掛かりになると踏んでいました。

太寿は乾の事を黒龍にずっとしがみついていると、ココは黒龍の財布係をしていると言っていました。

しがみついていると言う事はずっと黒龍に固執しているという事になり、財布係と言う事は金銭関係に関わっているという事です。

それ故に黒龍の内部情報に詳しく、黒川イザナについても知っている可能性があると言う事です。

しかしながら最後の方でナオトが稀咲に撃たれてしまいましたので、聞きに戻れる状況ではありませんが、いずれにしても聞きに行くのではないかと思われます。

タケミチ次第で最後のタイムリープになる…?

今回の話から、稀咲はタケミチは自分と同じタイムリープ出来る事に気づいて、ナオト共々始末しようとしており、結果的にほっとけば命を落とすかもしれないくらいの重傷を与えました。

重傷を負ったナオトは、自分の命が尽きる瞬間にタケミチを過去へと飛ばしました。

恐らく飛んだ後、ナオトは命を落とした可能性が高く、タケミチは未来へと帰還出来ない可能性が高いです。

しかし、タケミチが関東事変を痛み分けではなく別の形での決着を着けらさせる事が出来れば、話は別です。

本来の流れだと東卍と天竺が抗争をして、引き分けとなって天竺が東卍に取り込まれて、現在に至る結果になりました。

それ故にタケミチが違う決着の付け方をさせるように仕向ければ、未来も大きく変わると思われます。

まとめ

以上、『東京卍リベンジャーズ』15巻のネタバレと感想・考察の紹介でした。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^


『東京卍リベンジャーズ』を全巻無料で読みたいという方は、以下記事で調査結果を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!