エロ(R指定なし)

ドメスティックな彼女26巻の発売日とネタバレ感想!略奪する陽菜?

こんにちは、マドです!

この記事では、週刊少年マガジンで連載中の『ドメスティックな彼女』26巻の、

  • 発売日収録話数
  • ネタバレ感想・考察
  • 単行本を無料で読む方法

をまとめて紹介していきます!

U-NEXTなら登録後すぐに1巻分が無料で読めるのでオススメです!

\U-NEXTの公式サイトはこちら/

ドメスティックな彼女』の
1巻分を今すぐ無料で読む
※登録後31日間以内に解約すれば月額は発生しません※

すでにU-NEXT利用済みの場合は、music.jpでも同じく無料で読めます。

music.jpの公式サイトはこちら

<25巻のネタバレに戻る 27巻のネタバレに戻る >
ドメスティックな彼女|最新刊を含む全巻無料で読む方法を調べた結果!流石景先生の『ドメスティックな彼女』ですが、せっかくならネタバレだけでなく、絵付きの漫画で読んでみたいですよね。 そこで、U-NE...

ドメスティックな彼女26巻のネタバレ

26巻の見どころは全部で10話分ありますので、順番にネタバレしていきますね!

  • Point1(247話)

    アレックスが伝えた瑠衣の真意とは?

    自分の事をどう思っているのか確かめるかのように、敢えて陽菜と呼ぶ夏生

    それと同時に自分の中で答えが見いだせておらず、心の中で考えても答えが出ません。

    陽菜は何て言ってほしいのかと尋ね、夏生は今の言葉はお酒のせいだと言って誤魔化します。

    サークルの公演のせいでナーバスになっているのだと感じた夏生。

    そんな彼女を見て自分はどんな答えを望んでいたのか考えさせられるのでした。

    後日、初日の公演を終えた夏生はアレックス達高校の同級生とご飯を食べに行きます。

    その際に、瑠衣と別れた事を話す夏生。

    女性陣はその事に驚くも、以前瑠衣から聞かされていたアレックスは特に驚きませんでした。

    終電を逃したアレックスを家に泊めようと、一緒に歩いていた夏生。

    瑠衣の話になり、別れた直後に比べたら立ち直ったが完全には立ち直ってないと聞かされ安堵するアレックス。

    以前渡したネックレスを瑠衣が大事にしている事を聞かされた夏生。

    家に着き、アレックスを寝かせた後に…

  • Point2(248話)

    想いを確かめる夏生

    瑠衣に電話をした夏生。

    自分の事をどう思っているのか…

    結局、言う事が出来ずに、何気ない会話をするだけになってしまいました。

    電話を終えた瑠衣は、幸せそうな顔をするも、ベンに嫌味を言われたので嫌な顔に戻ります。

    ある日、ラマンのマスターに夏生が言っていた事を話していた陽菜。

    あの時は有耶無耶に終わりましたが、よりを戻したいと思っていたのです。

    しかし、大事な義弟だと答えるのを求められている気がして、怖くなってはぐらかしたのでした。

    その一方、彼の態度や言動から、まだ自分にはチャンスがあると感じて、笑みを浮かべる陽菜。

    その頃、瑠衣を苦々しく思っていたベンは…

  • Point3(249話)

    精神的に追い込まれる瑠衣

    瑠衣を何としても追い出そうとするベン。

    まかないに玩具のゴキブリを入れてイメージダウンを図ります。

    取りあえず成功した事にほくそ笑むベン。

    そして、瑠衣に大量の海老の加工をするように言います。

    仕込みをしている瑠衣。

    ベンは4箱だけやれと言ったが全部やれとは言っていないと責めたてます。

    さらに、ホールに頭を下げて海老をペーストに使うメニューを作ってもらうように頼めと言います。

    そんな瑠衣が心配になって声をかけるダニエラ。

    瑠衣は既にチーフに話したと言いつつも、洗い場で作業をする中で自分は何をしに来ているんだろうと心の中で思っています。

    厨房に戻った瑠衣に20人分のパスタを作るように言うベン。

    無茶だと思いながら瑠衣は懸命に作るも余りに遅く、調理場も独占している状態でした。

    その結果スタッフからも客からも文句を言われ、最終的にはゲームオーバーを告げるベン。

    それでも夏生からのネックレスを握りしめながら耐えていた瑠衣。

    しかし、そのネックレス引きちぎり地面に叩きつけたベン。

    仲間もそのネックレスを踏んで粉々にします。

    今まで耐えてきた瑠衣は…

  • Point4(250話)

    どうする?夏生

    ベンの所業を聞いたダニエラ。

    瑠衣に担当のコックを変えてもらうように提案します。

    そして朝食を食べるものの塩加減を間違えていて、塩辛い味になっていた事に驚くダニエラ。

    対して、料理が塩辛い事が感じられなくなっていた瑠衣。

    その影響は職場でも支障をきたしていたので、病院へと向かう瑠衣。

    その結果、ベンの嫌がらせによるストレス性味覚障害だと診断されます。

    さらに、下手すれば職場をやめる事も視野に入れないといけない状態になっていました。

    それを知り、”夏生に相談するように”言うダニエラ。

    しかし、夏生が苦しかった時に傍にいてあげられなかった事から拒む瑠衣。

    その頃、一緒に歩んできた者と一から関係を築き直そうと決意する夏生。

    そんな彼の元にダニエラから連絡を受けたであろう梶田が現れます。

    嫌がらせを受けている事を夏生に教えます。

    そして、”本当は自分が行きたい”と言いつつ、”行く事は出来ないか”と尋ねる梶田。

    彼の言葉から共に歩むべき者は瑠衣だと確信する夏生。

    そして夏生は…

  • Point5(251話)

    夏生、アメリカへ…

    梶田から瑠衣の事を知らされすぐにアメリカに行く事を決めた夏生。

    彼は早速家に戻って準備を始めます。

    そこへやって来た陽菜。

    彼女は”何処へ行くのか”と尋ねます。

    ”自分に何が出来るかは分からないけど、瑠衣のところに行く”と言う夏生。

    何かを察した陽菜は”気をつけて”と一言言うのでした。

    梶田に空港まで送ってもらった夏生…

    彼は機内でアレックスに出会い、通訳を頼みます。

    ”瑠衣に何を話すのか”と尋ねるアレックスに対し、”もう決意は固まった”と答える夏生。

    その頃、精神科の病院に通っている瑠衣。

    彼女は夏生に別れを告げた事を後悔していました。

    検査を済ませてマンションへと戻ると、そこにいた夏生の姿に目を疑う瑠衣。

    梶田から話を聞いた事を話す夏生。

    瑠衣は夏生に抱き着いて彼の腕の中でを見せるのでした。

    部屋に入ると気を利かせて去ったダニエラ。

    ネックレスの事を謝る瑠衣。

    しかし、夏生は”壊れてもちゃんとまた一つになる”と告げます。

    そして改めて…

  • Point6(252話)

    瑠衣の気持ちは…?

    再会した瑠衣から味覚障害なのを知らされ、”今は体を休めるように”と言う夏生。

    翌日、アレックスと共に瑠衣が働いているレストランへとやって来ました。

    そして、雰囲気や料理の質から凄い所で働いている事を察します。

    夏生はウェイターに”シェフを呼ぶよう”とに言い、駆けつけたデレクに瑠衣の事を話しました。

    そこへ現れた瑠衣。

    これからも働きたいのなら全てを話すべきだと諭す夏生。

    彼の言葉を聞いてデレクに全てを話す瑠衣。

    それからデレクとダニエラ色々問い詰めるも、白を切りとおすベン。

    その後、シェフに呼ばれたベン達は彼らをクビにしました。

    それからやけ酒をしながら瑠衣を拉致しようと目論むベン達。

    そしたら黒人が現れたので、”道を譲れ”と言ったらベンは連れていかれ、仲間達は逃げました。

    一方、チーフから謝罪のメールを貰った瑠衣。

    瑠衣は夏生に対して…

  • Point7(253話)

    瑠衣に思いをぶつける夏生

    一週間はアメリカにいる事を瑠衣に伝える夏生。

    それを聞いて満更でもない表情を見せる瑠衣。

    そしてアレックスがまだリリーに会っていない事を知り、ミズーリへと向かいます。

    リリーの家に辿り着き、家から出てきたリリー。

    しかし、まだ不安を隠しきれないアレックス。

    夏生に背中を押されて言葉をかけるも言葉を詰まってしまうアレックス。

    それ対し、優しく接するリリー。

    しかし、不用意な言葉言ってしまったせいで、彼の事を軽蔑してしまいます。

    それでも夏生のフォローで何とかなり、覚悟を決めたアレックス。

    彼は”また友達になってほしい”と頼みます。

    そんな彼にキスをし、”また恋人からでしょ”と舌を出しながら言うリリー。

    アレックスの一件も無事に終わり、家に戻った夏生。

    瑠衣に焼きうどんを作り、それを食べると少しだが味覚が戻ります

    そして、夏生は瑠衣をベッドに誘い、”一緒になろう”と言ったのでした。

    その頃、日本では…

  • Point8(254話)

    瑠衣の味覚障害も治り始めているので、帰国しようとしていた夏生。

    ”ベンに壊されたネックレスは買ってもらった店で直してもらう”と言う夏生。

    そんな彼に”プロポーズの返事は待ってほしい”と言う瑠衣。

    それはマイナスの意味ではなく、”自分からプロポーズする”と続けて言う瑠衣。

    その頃、海岸へと来ていた陽菜。

    夏生との思い出を思い出しながら彼から貰った指輪を海に投げ捨てようとしていました。

    しかし、夏生との思い出を捨てる事が出来ず、泣き崩れてしまう陽菜。

    後日、今日帰国するという夏生のラインのメッセージが届き、喜びを爆発させて彼に会いに行く陽菜。

    夏生から瑠衣の話を聞き、力になってあげられなかった事に落ち込みます。

    夏生は瑠衣にプロポーズしたという話を切り出そうとしたら、蔦谷から連絡が入入ります。

    桃源の身体は限界に来ていて病院にいると知らせを受けます。

    急いで病院に向かった2人は…

  • Point9(255話)

    桃源の最後の願いとは…

    桃源と車いすを押す夏生は深夜の山道へ。

    夏生が弟子入りした頃の思い出話に花を咲かせる中、“どうして俺を採用してくれたんです?”と尋ねる夏生。

    “命じた片付けを文句なくこなした”と、即答する桃源ですが、“なんとなく同じものを感じた”と付け足します。

    母の死を背負う夏生を、息子の死と共に生きる自分に重ねていたのでした。

    車いすでは越えられない傾斜を目の前にしても、桃源は引き返すことを許しません。

    夏生は桃源を背負い、山道を登って頂上へ…!

    日の出を目の前に、夏生は水筒に入れた熱燗を取り出して、2人で飲みます。

    そこで桃源は、”日の出を見たかったのは…何があっても明るい未来はあると…感じ…させたかった…”と語ります。

    後悔ばかりの人生で、夏生と会ってからは楽しかったことへの恩返しだったのです。

    2人で礼を言い合い、”あぁ…いい朝だ”と呟いたのを最後にして、桃源は穏やかな顔でこと切れました。

    そして、若かりし頃の姿で、息子・草亮と抱きしめ合うのでした。

    場面は変わり、桃源の葬儀の日。

    夏生は蔦谷から、桃源が遺言書を残していたことを知らされます。

    “君には看病してくれていた期間の給料と 書きかけの原稿を贈ると”

    託された桃源の原稿を手に、夏生はその続きを執筆することを決意するのでした…!


ニャン玉
ニャン玉
256話から先は27巻のネタバレ記事に続くニャ!

ドメスティックな彼女を無料で読む方法

『ドメスティックな彼女』の最新刊を読んでみたい場合、U-NEXTなら登録後すぐに無料で読むことができます。

▼現在の最新刊はこちら▼
ニャン玉
ニャン玉
単価420Pだから、無料付与される600Pに収まるニャ。
\31日間無料・登録後600ポイント付与/

今すぐU-NEXTに登録する※登録後31日間以内に解約すれば月額は発生しません※

\解約方法を画像付きで解説しています/

U-NEXTの解約方法はこちら

すでにU-NEXT利用済みの方は、music.jpでも同じ金額で読めますので、ぜひチェックしてみてください。

music.jpの公式サイトはこちら

ドメスティックな彼女26巻の感想・考察

瑠衣の気持ちに対して夏生は…?

今回の話で夏生が陽菜の本当の気持ちが何なのかがまだ分からずにいますが、瑠衣が夏生の事をどう思っているのかは分かった話ではありましたね。

今日アレックスから瑠衣が夏生から貰ったネックレスを大事にしている事を聞かされた夏生は、もしかしたら瑠衣は今もなお自分の事を思っていてくれているのかもと思っているはずです。

夏生も芹沢に告白された際に、瑠衣の事を忘れられないと言っていて、瑠衣も陽菜に夏生の事が好きだと言っていたので云わば別れてもなお両想いだという事が発覚します。

最後の方で夏生が寝ているアレックスを起こさないように部屋から出ていき、瑠衣に連絡したのもアレックスの言葉が本当かどうかを確認するためではないかと思われます。

そして瑠衣の気持ちを聞いた夏生が、自分の気持ちを言うのではないかと思います。

嬉しそうな陽菜…?

今回の話で陽菜が夏生が自分の事をどう思っているのか怖く思っていると同時に、彼の答えに嬉しく感じていました。

陽菜はもう瑠衣に夏生の事が好きだと伝えているので、後は自分からか夏生から言われる感じになっています。

夏生が陽菜の事を忘れる事無く好きなら、陽菜にとってそれは問題ではないが、問題は只の義姉としか見ていなかったら、空気がかなり気まずくなります。

ただ、夏生はまだ答えなくていいと言った事から、どっちを選ぶかどうかで悩んでいるのだと分かり、まだ自分の事を好きでいてくれていると思っているはず。

それに、陽菜の事を一度呼び捨てにした事から、夏生はまだ自分との楽しい思い出を忘れてはいないと気づき、嬉しく思ったのではないでしょうか。

心を折られた瑠衣は日本に帰る…?

今回の話で、何度も嫌がらせを受けながらも何とか耐えてきた瑠衣だったが、夏生から貰ったネックレスを踏みつけられて壊された事で涙を流してしまいました。

今回の一件で完全に精神的に傷つけられてしまったので、日本に帰国してしまうのではないでしょうか。

ベン達の嫌がらせでダニエラ以外のスタッフも瑠衣に対して快く思わなくなり始めたと思いますので、完全に四面楚歌です。

陰険な苛めを受けながらも続けるとしても、何時何されるか分からないという疑心暗鬼に陥ってミスをする可能性が十二分にありますので、続けるのは得策ではないと考えているはずです。

それに唯一の味方であるダニエラにも、魔の手が迫るかもしれません。

だとしてもアメリカには頼れる者もいないので、一旦心の傷を癒すために休暇届を出して日本に帰国するのではないかと思われます。

ストレス性味覚障害とは…?

ストレス性味覚障害とは極度のストレスによって 「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」「うま味」の「基本五味」のどれか一つでもちゃんと認識できない病状の事です。

瑠衣はベン達の嫌がらせを受けても負けまいとしていましたが、それは意気込みだけで体の機能や脳、心は必ずしも意気込みとは裏腹についていけてなかったのではないかと思えます。

そして、体の機能は瑠衣の意気込みに応えようと無理を重ね、負担を重ねていった結果…

夏生との思い出が踏み潰された際、瑠衣の心が折れ、体の機能が限界を迎えてストレス性味覚障害となってしまったのではないかと思われます。

この病状を治すのはストレスを消す事にありますので、思い切って辞めるのも手ではないかと思われます。

瑠衣を選んだ夏生…?

今回の話で夏生は瑠衣の元へと向かうと、彼女の前で瑠衣の事が好きだとはっきり言いました。

梶田から瑠衣がアメリカで相当苦しんでいる事を聞かされた時から、もう陽菜ではなく瑠衣を選ぼうと決心したのではないかと思われます。

もし陽菜を選んでいるのだとすれば、彼女にも親にも瑠衣の事を伝えているはずです。

それをせずにすぐさま自分のマンションに戻って身支度をしたと言う事は…

“今とても苦しんでいる瑠衣を救えるのは自分だけだ…支えられるのは自分だけだ”

そう思い、やっぱり自分は瑠衣の事が好きなんだと自覚したのではないでしょうか。

身支度した夏生から訳を聞いた陽菜も、きっと夏生は自分ではなく瑠衣を選んだんだなと、察したのではないかと思われます。

悪い事をすれば必ず報いが来る…?

今回の話で、夏生は瑠衣が働いているお店へと向かい、副料理長のデレクに事情を話したおかげで瑠衣を味覚障害で追いやったベン達がクビになりました。

ベン達は瑠衣だけでなく、多くの有色人種や女性に対しても瑠衣と同じような嫌がらせをして使い物にさせなくしていました。

同じ職場で働いている者達は彼らのせいだろうなとは感じていましたが、物的証拠も状況証拠も無いので何も言えなかったのでしょう。

夏生が言った事がきっかけで、これまでの悪事が明るみに出て、クビになったのでしょう。

そして酒を飲んで黒人に絡んだせいでベンは何処かへと連れていかれました。

今回の事から誰かに悪い事をすれば、悪い事をした者に必ず報いを受けるんだなと思いましたね。

陽菜は萩原と付き合う事になる…?

アメリカの地で改めて恋人関係になる事になり、一夜を共にした夏生と瑠衣。

その一方で、夏生にフラれた陽菜は一人で酒を飲んでいました。

直接夏生がフッたわけではありませんが、瑠衣の元に行くとはっきり言った事から陽菜は自分じゃなくて瑠衣を選んだのだなと察したのではないでしょうか。

そしてフラれたショックをお酒を飲んで誤魔化そうとしています。

店員さんが陽菜にかなりのペースだと、大丈夫なのかと心配する程飲んでいますが、夏生の事が忘れられないのか全然酔っぱらえない状態にありました。

そんな彼女の元にもしかしたら初恋の相手である萩原が現れるのではないでしょうか。

彼は現在所帯を持っておらず、彼女の様子からフラれたのだと判断し、改めて告白し、陽菜も応じるのではないかと思われます。

桃源は夏生に遺言を残す…!?

今回の話で桃源が倒れたと聞いて、夏生と陽菜が彼の元へと向かったところで終わりました。

夏生達は蔦谷から桃源はもう長くないと聞かされていたので、次回は桃源が夏生に遺言を残すのではないかと思います。

前回も癌によって倒れ、手術をして治して出てきましたが、恐らく癌が別の部位に転移していて、気づかぬうちに悪化していたのだと思います。

夏生は帰国してからこの事を知ったので、夏生がアメリカに行っている間に入院という事になったのだと思います。

癌の進行が早くて手術のしようがないから誰にも看取られずに亡くなるのを阻止しようと、蔦谷は夏生達に連絡したんだと思います。

以前娘である華の宣戦布告を受けていたのにも関わらず、もう相手をすることも出来なかったから夏生にこんな自分を許してほしいと娘への遺言を残して伝えるのではないかと思います。

夏生は再び筆を握れるのか…?

桃源の変わり果てた姿と、死んでしまう瞬間はなかなかショッキングでしたね。

しかし、死後の世界で息子と触れ合うことができたのは救いでした。

夏生が再び筆を握るために、桃源がキーとなる予感はしていましたが、未完の原稿を託すとは…!

桃源の遺作を引き継ぐとなると責任重大ですが、ようやく夏生が執筆活動へと向き合うことになりそうですね!

まとめ

以上、『ドメスティックな彼女』26巻のネタバレと感想・考察の紹介でした。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^

<25巻のネタバレに戻る 27巻のネタバレに戻る >

『ドメスティックな彼女』を全巻無料で読みたいという方は、以下記事で調査結果を紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください!

ドメスティックな彼女|最新刊を含む全巻無料で読む方法を調べた結果!流石景先生の『ドメスティックな彼女』ですが、せっかくならネタバレだけでなく、絵付きの漫画で読んでみたいですよね。 そこで、U-NE...