週刊少年マガジン

ブルーロック8巻の発売日とネタバレ感想!

こんにちは、まどかです!

この記事では、金城宗幸さん原作『ブルーロック』8巻ネタバレ・感想を紹介します!

もし、『ブルーロック』絵付きの漫画で読んでみたいという場合、U-NEXTなら登録後すぐに1巻分を無料で読むことができます!

\U-NEXTの公式サイトはこちら/

『ブルーロック』1巻分を
今すぐ無料で読む
すでにU-NEXT利用済みの方は、music.jpでも同じく無料で読めるので、ぜひ試してみてください。

music.jpの公式サイトはこちら

前回のネタバレは以下記事からどうぞ!

ブルーロック7巻の発売日とネタバレ感想!こんにちは、まどかです! この記事では、週刊少年マガジンで連載中の漫画『ブルーロック』7巻のネタバレと感想を紹介します! ...

ブルーロック8巻のネタバレ

8巻の見どころは全部で9話分ありますので、順番にネタバレしていきますね!

  • Point1(59話)

    開戦!ホワイトチームVSレッドチーム

    始まった潔達ホワイトチームと國神達レッドチームの試合。

    試合開始と同時に馬狼にパスを出す潔ですが、彼のマークにつく國神

    自らのフィジカルを生かして國神を抜く馬狼

    それでも國神が食い下がるので完全には振り切れません。

    潔がフォローしに向かうも、彼の前に”凪を取り戻す”と呟き立ちふさがる御影

    余りの豹変に寒気を感じる潔

    馬狼にパスを要求しますが聞き入られません。

    その結果、國神と御影に取られてしまいます。

    攻勢に転じる彼らに対して、どう来ても対応できるポジションにつく潔。

    國神達と同時にゴールへと向かう千切をマークする

    しかし、彼の俊足の前においていかれてしまいます。

    そして3人は…

  • Point2(60話)

    シーソーゲームの序盤

    開始早々に点を取られてしまった潔。

    強いと感じると共に自分の力を試したい思いが強くなった國神たち。

    試合再開されると、死角とオフ・ザ・ボールの概念を駆使してゴールを決める選択肢を増やす潔。

    御影を抜き去って馬狼にパスを渡すように声を掛けます。

    しかし、ガン無視する馬狼。

    凪は千切をマークし、潔も國神のシュートを阻止しようとします。

    しかし、間に合わず2点目を奪われます。

    我慢の限界に達し、馬狼に文句を言いう凪。

    しかし、自分の力で点を取って勝つ事を譲らない馬狼。

    一触即発の2人の間に入って取り持つ潔。

    試合再開後、馬狼からは点を取れるイメージがないのに対して凪には沢山の選択肢があると判断した潔。

    凪にパスを出し、千切を抜き去ってゴールを決めて1点返しますが…

  • Point3(61話)

    縮まらない点差

    凪と共にゴールを決めて1点差に追いついた潔。

    馬狼とも連携を取れればより勝利に近づく事を察し、彼に再び声をかけます。

    しかし、頑なに拒否する馬狼

    思い通りのプレーが出来ない事に苛立ちながらも、他人に自分の言う通りにやれと言われるのも嫌だと思う馬狼。

    そんな潔に”2人で戦おう”と”言う凪。

    そして、馬狼には”負けを認めさせて本当の悔しさが分かるのに”と彼に聞こえないようにつぶやきます。

    試合が再開されるも、御影、國神、千切の連携であっと言う間に点を取られてしまいます。

    このままでは負けてしまうと考えた潔。

    この状況を打開するために…

  • Point4(62話)

    馬狼は不要?

    試合になれば勝利と言う目標に向かって馬狼も協力してくれると思っていた潔。

    しかし、そんな事を安易に考えていた自分を恥じていました。

    それと同時にそれが適応でないと悟り、”凪と2人だけで戦う”とはっきり告げます。

    そして、馬狼にパスするためのドリブルをしつつ、凪にパスをする潔。

    パスを受けた凪でしたが、抜かれた事を警戒してマークしていた千切。

    誰もが凪に注目していた時、國神達の死角を突くように動いていた潔。

    そんな彼の動きに気付いてパスを送る凪。

    馬狼を囮にしたプレーでゴールを奪った潔。

    それをを想定してなかったので唖然としていた國神たち。

    ゴールを奪った潔は…

  • Point5(63話)

    発売後に更新予定

  • Point6(64話)

    発売後に更新予定

  • Point7(65話)

    発売後に更新予定

  • Point8(66話)

    発売後に更新予定

  • Point9(67話)

    発売後に更新予定


ニャン玉
ニャン玉
68話から先は9巻のネタバレ記事に続くニャ!

ブルーロックを無料で読む方法

『ブルーロック』の最新刊を、せっかくならたちのと合わせて読んでみたいですよね。

そんな時、U-NEXTなら初回登録後すぐに無料で読むことができます!

ニャン玉
ニャン玉
単価462円だから、無料付与される600ポイントに収まるニャ。
▼現在の最新刊はこちら▼
\31日間無料・登録後600ポイント付与/

今すぐU-NEXTに登録する登録後31日以内に解約すれば、月額1,990円(税別)の請求はありません。

ニャン玉
ニャン玉
U-NEXTの解約方法は以下記事で詳しく解説してるニャ。
\解約方法を画像付きで解説しています/

U-NEXTの解約方法はこちら

すでにU-NEXT利用済みの方は、music.jpでも同じく無料で読めるので、ぜひ試してみてください。

music.jpの公式サイトはこちら

ブルーロック8巻の感想・考察

役割分担が出来ている國神達…?

今回の話で、潔達と國神達との試合が始まりましたがまず先制点を取ったのは國神達でした。

まだ試合は始まったばかりですが、これは國神達が自分達のすべき役割を分担していた結果ではないかと思われます。

序盤では國神が自らのフィジカルを生かして、同じくフィジカルがある馬狼と何とか押さえ込んでいました。

御影は司令塔としてフォローに向かう潔を止め、隙を見て馬狼からボールを奪いました。

攻め上がる時には、千切と3人がかりで攻め上がる事で潔達にとって誰のマークに着けばいいのか分かりません。

その上、3人にはそれぞれの武器がある上に得点能力があるのでゴール前まで向かえば誰でもゴールを決められます。

今回、ここまでスムーズに行けたのは役割分担が出来ていたからなのです。

馬狼との化学反応が鍵…?

今回の話で本来の空間認識能力、新たに得られた死角に入る能力とオフ・ザ・ボールを駆使して凪との化学反応を起こして1点を返す事に成功した潔。

凪はサッカーの経験が足りない部分がありますが、抜群の才能と身体能力がありますので、潔が自らの能力を上手い事利用すれば、これからも点を取れる可能性があると思われます。

しかし、潔は馬狼とも化学反応を起こさないと勝てないと思っています。

今回は凪との化学反応で点を取りましたが、恐らく次は國神達は凪をマークし始めると思われます。

それ故に潔は自分自身の力で点を取りたい馬狼を何としてもコントロールしないと、試合には勝てないと思っていると考えている筈です。

この事からこの試合は馬狼との化学反応が鍵になると思われるのです。

適応能力で突破口を切り開く…?

現状、かなり押されていて仮に凪と2人だけで戦っても勝ち目がないと悟った潔は成早から奪った適応能力を使おうとしています。

適応とは環境に合うように行動のし方や考え方を変える事を意味しています。

潔は馬狼を喰うと言っていましたが、それは適応能力で馬狼が本来持っている能力を喰おうとしているのだと思われます。

現在、馬狼は厳しいマークに合っているので思い通りのプレーが出来ておらず、苛立ちを募らせています。

潔が適応能力で彼の能力を喰う事で、彼と似たようなプレーをしてゴールを決めるのではないかと思われます。

潔のこの能力を國神達は分かりませんので、次からは彼も警戒し始めるはずなのでそれによって馬狼のマークが薄くなり、彼もマークされる前よりは動けるようになるでしょう。

馬狼を遠回しに発奮させている…?

凪と2人だけで勝つと言い、実際ここまで役に立っていない馬狼を2人は囮にして、2得点目を決める事に成功しました。

そして馬狼に対して自分達の足を引っ張るなと言いましたが、裏を返せば馬狼を遠回しに発奮させようとしているのではないかと思います。

2点目を決めた事で1点差になったので、御影達は凪をこれまで以上にマークし、潔も警戒し始めると思われます。

そうなると今回のような方法で点を取れる確率は低くなりますが、同時に御影達の馬狼に対する警戒が弱まるはずです。

それにプライドが高い馬狼もこのまま終わるわけがなく、自分より下手だと思っている潔にここまで言われて、プライドを刺激させられているはずです。

潔も心の中ではここまで言われるのが嫌なら結果を示せと思っていると思います。

そしてそんな彼を見返そうと馬狼は覚醒して、活躍して見返すと思います。

まとめ

以上、『ブルーロック』8巻のネタバレと感想・考察の紹介でした。

最後までお読みいただきありがとうございました(^^


『ブルーロック』を無料で読みたいという方は、以下記事で調査結果を紹介していますので、参考にしてみてください!