エロ(R指定なし)

ドメスティックな彼女27巻の発売日と収録話数!【ネタバレあり】

こんにちは、マドです!

この記事では、週刊少年マガジンで連載中の『ドメスティックな彼女』27巻の、

  • 発売日収録話数予想
  • ネタバレ感想・考察
  • 単行本を無料で読む方法

をまとめて紹介していきます!

U-NEXTなら登録後すぐに1巻分が無料で読めるのでオススメです!

\U-NEXTの公式サイトはこちら/

ドメスティックな彼女』の
1巻分を今すぐ無料で読む
※登録後31日間以内に解約すれば月額は発生しません※

すでにU-NEXT利用済みの場合は、music.jpでも同じく無料で読めます。

music.jpの公式サイトはこちら

<26巻のネタバレに戻る 28巻のネタバレに進む >
ドメスティックな彼女|最新刊を含む全巻無料で読む方法を調べた結果!流石景先生の『ドメスティックな彼女』ですが、せっかくならネタバレだけでなく、絵付きの漫画で読んでみたいですよね。 そこで、U-NE...

『ドメスティックな彼女』27巻の発売日と収録話数

では早速、気になる『ドメスティックな彼女』27巻の発売日と収録話数を見ていきましょう!

『ドメスティックな彼女』27巻の発売日はいつ?

こちらはまだ公表前でしたので、過去の発売ペースから予想してみました。

◇『ドメスティックな彼女』の発売ペース

  • 23巻:2019年6月17日
  • 24巻:2019年9月17日
  • 25巻:2019年11月15日
  • 26巻:2020年2月17日

『ドメスティックな彼女』の単行本は約3ヶ月ペースで、毎回17日頃に発売されていることから、27巻の発売日は2020年5月15日と予想されます。

こちらは、あくまで予想なの公式発表され次第、更新していきますね!

『ドメスティックな彼女』27巻の収録話数は?

では次に、27巻の収録話数予想と週刊少年マガジンの号数のまとめです。

話数一覧 週刊少年マガジンの号数/発刊日
256話 2020年1月15日(7号)
257話 2020年1月22日(8号)
258話 2020年1月29日(9号)
259話 2020年2月5日(10号)
260話 2020年2月12日(11号)
261話 2020年2月19日(12号)
262話 2020年2月26日(13号)
263話 2020年3月4日(14号)
264話 2020年3月11日(15号)
265話 2020年3月18日(16号)

ちらは予想なので、27巻が発売され次第、正式な収録話数へ更新予定です。

それでは続いて、気になるネタバレを見ていきましょう!

『ドメスティックな彼女』27巻のネタバレ

27巻の見どころは全部で10話分ありますので、順番にネタバレしていきますね!

  • Point1(256話)

    桃源の原稿を引き継ぐ夏生は…

    陽菜に向けて、桃源の遺稿を完成させる決意表明をする夏生。

    原稿を持つその手が震えていますが、陽菜はそこに手を添えて、”できるよ ナツオくんなら”と激励します。

    桃源の火葬が終わった後、陽菜は預かっていた原稿用紙を夏生に返すのでした。

    翌日、桃源の訃報が世間を騒がせる中で、夏生は桃源の家で早速机に向かいます。

    しかし、イメージが出てこずに原稿は真っ白のまま。

    その姿を見て陽菜は、夏生の力になりたいと、”まるで本能みたいに”執筆を支えることを決めるのでした。

    出版社が主催するお別れの会の日、夏生は桃源が多くの人に愛されていたことを実感します。

    その場で華に、彼女を差し置いて自分が遺稿を引き継ぐことを詫びますが、華は”だって原稿渡されたの藤井くんだし!”と気にしない様子。

    受け継ぐのは夏生の役目、華は桃源に追いつけるような作家を目指す役目だと言うのでした。

    それから原稿に向かう夏生は、先生ならどうするか、とイメージしながら筆を進めます。

    ついに夏生がトラウマを乗り越えたこの時を、陽菜はドア越しに確認してひっそり涙を流すのでした…。

  • Point2(257話)

    夏生の執筆復帰を喜ぶ陽菜だが…

    時間も忘れて執筆に没頭する夏生。

    陽菜が置いて帰った弁当に気づき、「おめでとう」と書かれたメモを見つけ、”ありがとう…”と返します。

    ラマンにて、夏生のことを報告し、こういう時に喜ばれるサポートがしたいと言う陽菜は、マスターから”疲れ切った心身を癒す最高の「アレ」”の特訓を受けることに…。

    12月31日、桃源の家で陽菜は、特訓の成果である手打ち蕎麦を振る舞います。

    夏生は実家へ年始の挨拶をしに帰り、翌朝家族4人で初もうでに出かけました。

    おみくじを引いた結果、2人とも小吉。

    陽菜は「恋愛 叶う」の文字を見つけて動揺し、(この期に及んで何勘違いしそうになってんのよ)と、自分に言い聞かせるのでした。

    夏生が執筆を続けるうちに時は流れ、バレンタインが近づいた頃。

    陽菜はラマンで、柊と桐谷の姿を見つけます。

    夏生が執筆活動に復帰したことを桐谷に報告し、その流れでお酒を飲みながら話し込んでしまい…。

    涙ながらに語る陽菜に、柊は”それより彼はキミへの態度をはっきりさせたのか…?”と聞きます。

    そこで、“彼が選んだのは私じゃありません”と言い切る陽菜。

    選ばれなかったのに執筆の世話をして、”それで幸せなのか?”と尋ねられても、

    “ええ幸せですよ 私今すごい幸せ”と満面の笑顔を浮かべるのでした。

    その帰り道で陽菜は、夏生に声をかけられます。

    “完成したんだよ原稿!”と分厚い封筒を見せる夏生。

    “ずっと支えてくれたヒナ姉に 一番に読んでもらいたくて”、急いできたという夏生に、涙を流して”うん ありがとう…”と応えるのでした。

  • Point3(258話)

    夏生と瑠衣の「これから」は?

    夏生の脱稿から2ヶ月前。

    桃源の葬儀直後に、夏生は瑠衣と電話をしていました。

    帰国前のクリスマスシーズンで、瑠衣もまた頑張り時だったのです。

    こんな時に、夏生の傍にいられないことを歯がゆく感じてしまう。

    そんな瑠衣にダニエラは、死が忌むべきものではないという価値観が、ダニエラの故郷にあることを聞かせます。

    夏生が“大丈夫”だと言っていたことから、きっと夏生も同じように考えているのだと話し、瑠衣を励ますのでした。

    その夜、瑠衣は丈に呼び出され、新店舗の準備が順調で春からオープンできそうなこと、そして瑠衣にパスタ場のサブチーフを任されることを知らされました…!

    すぐに夏生に報告しようとしますが、連絡がつかないまま2日が経ち、心配になります。

    陽菜に電話をかけて、夏生の様子を聞いたところ、夏生がまた小説を書き始めたことを報告されます。

    涙を浮かべて喜ぶ瑠衣。

    そして、夏生と復縁したことを改めて陽菜に話し、陽菜に謝りますが、陽菜は”恨みっこナシって約束したでしょ?”と返しました。

    一方の夏生は、蔦谷に原稿を渡し、作家として復帰することを話します。

    夏生と瑠衣、それぞれが夢に向かって頑張る決意を固めるのでした…!

    ところが瑠衣は、身体の調子を悪くしてしまいます。

    ダニエラに諭されてすぐに病院に行きますが、検査の結果、なんと妊娠していることが判明しました…!

  • Point4(259話)

    突然の妊娠に瑠衣は…

    妊娠の診断に戸惑う瑠衣。

    その様子に、医師からは“もしかして望まない妊娠だったのかしら”と尋ねられますが、”そんなことありません!”と返答。

    好きな人との子供、嬉しくないはずがないのですが、そのタイミングに心境は複雑です。

    瑠衣の報告を受け、ダニエラは大はしゃぎ!

    そんなダニエラに促され、瑠衣は夏生に電話をかけます。

    しかし、体調不良で病院に行ったことは話せても、病気ではなかったと言っただけで、妊娠のことは打ち明けられずに通話を終えてしまいます。

    伝えた時の反応に悪い想像をしたのと、やっと小説が書けるようになった夏生にとって、このことが枷になることが不安なのでした。

    ひとまず瑠衣は、丈に妊娠報告をします。

    職場に迷惑をかけることを謝罪しますが、先走る瑠衣を制して、”まずはおめでとうだろ!”と言い、能天気にはしゃぐ丈。

    育児休暇を取ることで修業がムダになるわけではないと励まし、”この世に命より大事なものなんてないだろ”と言い聞かせるのでした。

    丈からも背中を押され、ついに夏生へ報告する決意を固める瑠衣。

    ”赤ちゃんできたの この間こっち来た時の あたしとナツオの子”

    沈黙の中で不安に胸を高鳴らせる瑠衣でしたが…。

    “なんだよそれ そんなん最高のプロポーズじゃん…!”と、夏生は喜びます。

    安堵のあまり涙ぐむ瑠衣に、夏生は“大丈夫 きっと助け合ってやってけるよ”と告げました。

    一方、2人の実家では、陽菜と都樹子が夏生の話をしています。

    すると突然都樹子から、”ヒナは…まだナツオくんを好きなの?”、”もし好きなら一緒になってもいいのよ…?”と、衝撃発言が飛び出しました…!

  • Point5(260話)

    瑠衣の帰国に橘家は…

    ”母さん前から考えてたの”、”もしかしたら2人を引き離すべきじゃなかったんじゃないかって”と、かつて夏生と陽菜の関係を許さなかったことの後悔を語る都樹子。

    種部から陽菜を庇った夏生、夏生の執筆を支える陽菜を見てそう思ったようですが…。

    陽菜はもう過ぎたことだとして、”この先どうなってもあんまり驚かないで?”と言いました。

    ニューヨークでは、瑠衣たちの研修期間満了パーティーが開かれていました。

    さらに瑠衣が帰宅すると、先回りしていたダニエラたちによるサプライズが…!

    妊婦の体を気遣った食事と、ワイン代わりのぶどうジュースで夜更けまで談笑します。

    ダニエラは瑠衣に、瑠衣の使ったコンドームが捨て忘れた不良品だったことを謝ります。

    そのために避妊に失敗したのではないか、と。

    対して瑠衣は、”それも含めてさ あたしの運命なんだよ 多分”と答えます。

    そして、ルームメイトとして共に過ごしたダニエラに感謝の言葉を贈り、ダニエラからのハグと応援の言葉に涙を流すのでした。

    帰国して、空港まで迎えに来た夏生と再会を喜びあいます。

    そして、大学はやめないこと、小説を書きながらライターの仕事も引き受け、子どもを見ながら仕事をするつもりであることを聞かされ、この先のことをしっかり考えている夏生に感心しました。

    実家に戻り、一家団欒を楽しんだあと、お風呂に入る瑠衣。

    家族の顔を思い浮かべて、お腹に手を当てますが、そんな瑠衣の浴室に陽菜が乱入!

    食事中によそよそしさを感じた陽菜は、姉妹水入らずを味わいたかったのです。

    手で水鉄砲を掛け合ってはしゃいだあと、瑠衣は陽菜へ、

    “あたしね?子供できちゃったんだ”と打ち明けるのでした…!

  • Point6(261話)

    瑠衣の妊娠報告に陽菜は…

    浴室で瑠衣の妊娠を知らされ、”体 大事にしなね?”と気遣う陽菜。

    瑠衣の前では姉らしく振る舞いますが、眠れぬ夜を過ごします。

    翌日、都樹子が昭人と夕食に出掛けて遅くなるというのを聞き、夏生は瑠衣に今晩打ち明けることを提案します。

    “美味しいもの食べて気分よくなってる時の方が話切り出しやすい“ということですが、納得してもらうためにどう話すべきか…。

    2人が相談しているところに、帰ってきた陽菜が飛び入り参加!

    陽菜を都樹子役として、シミュレーションすることになります。

    夏生と陽菜が付き合っていた過去への言及に対し、本気だったからこそ引き離されて絶望したこと、そこから立ち直る中で傍にいてくれた瑠衣を好きになったこと、そして結婚への堅い決意を語る夏生。

    それを受け止めて陽菜は、”そのくらいの覚悟があるなら きっとわかってもらえるよ”と言うのでした。

    緊張する中で両親がついに帰宅しますが…。

    行ってきた料亭の店員の態度が悪かったということで、都樹子の機嫌は最悪。

    結局、日を改めることになりました。

    天気の悪い中、ラマンに一人で入店する陽菜。

    中には早めの店じまいをするところだったマスターしかおらず、2人でお酒を飲むことに。

    瑠衣から妊娠の報告を受けていたマスターは、陽菜のことを気遣います。

    口先だけでなく、陽菜のために本当に命をかけられる夏生は特別な男。

    “そんな人いない そんな人もう二度と現れない”

    ちゃんと「おめでとう」を言えるまで、まだ時間がかかる心境を吐露するのでした。

  • Point7(262話)

    ついに両親に切り出す時…!

    あくる日、夏生と瑠衣は、ついに両親へすべてを打ち明けます。

    昭人は陽菜との関係に言及しますが、都樹子を黙ってその場を立ち去ってしまい…。

    2人が話を飲み込めるまで、一旦この件は保留とすることに決めるのでした。

    翌日の夕方、昭人は夏生を誘い、純の墓参りへ。

    純へ複雑な心境を語る昭人に対し、夏生はいい加減な気持ちでないことを訴えます。

    そこで突然、予報にはなかった雪が静かに舞いだします。

    何かを感じた様子の昭人は、都樹子と話し合うよう夏生に言うのでした。

    その夜、遅くなっても帰宅しない都樹子。

    昭人のLINEには、暫く帰らないとのメッセージが送られていました。

    家族の縁を切ることになるのかも…と、不安げな瑠衣。

    3日後、退勤後ホテルに入る都樹子の元に、夏生が現れます。

    都樹子が逃げても部屋まで追う夏生は、会社から毎日尾行していたのです。

    陽菜を幸せにできなかった夏生に、瑠衣を幸せにできるようには思えない。

    都樹子はそう糾弾しながらも、好きにしたらいいと言います。

    しかし夏生は、瑠衣との子供を大事に思うからこそ、都樹子の気持ちもわかる、だからこそわかってほしいと伝えました。

    そこに瑠衣も到着し、夏生と出会って初めて「好き」という感覚を知ったこと、再婚で夏生と引き合わせてくれた都樹子への感謝の気持ちを伝えます…!

    本当は2人を心配しているから反対する、都樹子の心情を汲み、”大丈夫 あたしたち力を合わせて きっと幸せになるから 安心して”と言う瑠衣。

    その言葉に都樹子は、2人のことを受け入れ、泣きながら”頑張んなさい”と、瑠衣を抱きしめるのでした。

    一方出版社にて、桃源の遺作のカバーデザインを眺めている蔦谷。

    そんな彼の元に、夏生への取材依頼が殺到していることが知らされます…!

  • Point8(263話)

    夏生、ラジオ出演へ…?

    家に戻った都樹子は、陽菜と2人で話をします。

    夏生への未練を引きずっている陽菜を、都樹子は見抜いており…。

    “いいの?陽菜は”と尋ねますが、陽菜は”だったら私が2人の幸せを願ってることだってわかるでしょ?”と返すのでした。

    小説家として、ラジオ番組にゲスト出演することになった夏生。

    桃源の遺作を宣伝し、他にもさまざまな媒体で、取材依頼がきていることを知らされます。

    さらに、ラジオを聴いたモモから連絡がきて、文芸部で集まることが決定!

    新作完成を祝う中、夏生は瑠衣との結婚を報告します。

    さらには瑠衣が妊娠していること、瑠衣と義兄妹であることも改めて明かします。

    衝撃の連続に文芸部の面々は盛り上がりますが、桐谷は夏生へ励ましの言葉とともに、陽菜の献身を忘れてはならないことを伝えるのでした。

    別の日に、夏生は文哉の部屋で、2人だけの酒盛りをします。

    “お前だけどんどん先行っちまうみてーだ”と言う文哉に、自分は何も変わらないと零す夏生。

    事実2人でTVゲームをしても、公園の遊具で競っても、文哉には敵いません。

    しかし文哉は、「色々あった」ことで、夏生が成長した実感があることを話します。

    そんな文哉に夏生は、”これからはさ 俺がフミヤの相談に乗るからな”と宣言。

    “どーすっかな~”と言いつつ、文哉は口元を緩めるのでした。

  • Point9(264話)

    続いて夏生はサークルへ…

    演劇サークルに顔を出す夏生。

    授かり婚と休学の予定を打ち明け、次期部長の話も辞退します。

    夏生は他に適任がいるとして、芹沢を指名。

    高校時代の失敗を気にする彼女でしたが、満場一致の賛成に後押しされるのでした!

    夏生が帰宅すると、新作『道』の献本が届いており…。

    早速桃源の家の執筆机に届けて、”ありがとうございました”と頭を下げました。

    『道』は桃源の文章そのものだと評価され、夏生はTV出演まで果たします。

    前回とは違い、今回はネット書店の反応も、作品としての完成度を評価する声が圧倒的。

    瑠衣と一緒に買い物をしている時にも、ファンに声をかけられる夏生。

    瑠衣は、沢山の人から尊敬される作家と一緒にいる実感が湧き、緊張して隠れてしまいます。

    その胸中を聞いた夏生は、瑠衣を可愛く思いつつ、“婚約者と一緒にいることなんて普通なんだから”と、気にしないで横にいてほしいことを伝えるのでした。

    そんなさなか、「週刊ゲンザイ」の編集部にて1人の記者が、今ノってる若きスターとして夏生に目をつけており…!

  • Point10(265話)

    ゴシップ記者・小椚の詮索が始まる…

    「週刊ゲンザイ」の記者・小椚は、企画を全ボツにされてしまい、同僚からは馬鹿にされ、鬱屈した日々を送っています。

    そんな中、一大スクープを狙って、たまたま目についた夏生を探ることに…。

    一方の夏生は、修理が終わったネックレスを瑠衣に渡します。

    すると瑠衣から、雑誌の付録についていたという婚姻届けを見せられ…!

    さらに、ちょうど帰宅した都樹子から、大量の結婚式場のパンフを渡されます。

    式を挙げる気のなかった2人でしたが、ケジメとして挙げるようにと言い張る都樹子。

    すると瑠衣は”レストランウエディングみたいなのはどう?”と言いました。

    丈からホテルの新店舗で披露宴をする提案があったようで、それを聞いた都樹子は大張り切りでプランを練りだすのでした。

    家を出る時に瑠衣からキスをされる夏生ですが、大学では普段通りに過ごします。

    その様子を見て、張り込む小椚は拍子抜け。

    諦めて編集部に戻りますが、そこで謎の郵便物を見つけます。

    中身をチェックした小椚は、とある面会室へ。

    そこには、服役中の種部の姿があるのでした…!


ニャン玉
ニャン玉
266話から先は28巻のネタバレ記事に続くニャ!
ドメスティックな彼女28巻の発売日と収録話数!【ネタバレあり】この記事では、週刊少年マガジンで連載中の『ドメスティックな彼女』28巻の、 発売日と収録話数予想 ネタバレや感想・考察 単行本を無料で読む方法 をまとめて紹介していきます!...

『ドメスティックな彼女』を無料で読む方法

『ドメスティックな彼女』の最新刊を読んでみたい場合、U-NEXTなら登録後すぐに無料で読むことができます。

▼現在の最新刊はこちら▼
ニャン玉
ニャン玉
単価420Pだから、無料付与される600Pに収まるニャ。
\31日間無料・登録後600ポイント付与/

今すぐU-NEXTに登録する※登録後31日間以内に解約すれば月額は発生しません※

\解約方法を画像付きで解説しています/

U-NEXTの解約方法はこちら

すでにU-NEXT利用済みの方は、music.jpでも同じ金額で読めますので、ぜひチェックしてみてください。

music.jpの公式サイトはこちら

『ドメスティックな彼女』27巻の感想・考察

夏生を献身的に支える陽菜は…

陽菜は夏生と復縁するためでもなく、絶筆の原因を作った罪悪感でもなく、「本能」に従うかのように夏生を支えるのだと言っていました。

陽菜にはもはや、恋愛感情以上の気持ちを夏生に向けていると思えてなりません。

しかし、その無償の愛は、果たして陽菜自身を幸せにしてくれるのでしょうか…?

夏生がついに原稿にペンを走らせることができた喜びの中で、それだけが引っ掛かりますね。

「一番」に選ばれた陽菜!

陽菜にとっては、夏生への想いに応えてもらうことよりも、ただ夏生に尽くせることが幸せのようですね。

そこで、夏生から「一番」の読者として選ばれ、嬉しくないはずがないでしょう。

ここから陽菜の気持ちがどう動いていくのか、目が離せません…!

瑠衣の妊娠に何を思う?

夏生と瑠衣の2人が、それぞれの夢に向かって順調に進んでいた矢先の妊娠…。

喜ばしいことではありますが、産むとなると瑠衣は仕事をセーブしないといけませんし、夏生は瑠衣と子どもを支えて働かなければなりません。

さらに、こうなるといよいよ、両親へ2人の関係を明かす時がやってくることでしょう。

これからの2人にとって、妊娠が吉と出るか凶と出るか…何とも言えないですね。

過去の関係が障害になるか?

瑠衣の仕事のこと、夏生の反応への懸念もあっさりと解決し、ひとまずは安心ですね。

しかしここで、まさか夏生と陽菜の関係の許しが、都樹子の口から飛び出すとは!

ここで夏生と瑠衣が付き合っていること、しかも妊娠までしたことを知られたら…。

絶対に避けられないカミングアウトに、暗雲が立ち込めてきました。

陽菜の心境はいかに…

「運命」についてずっと考えていた様子の瑠衣でしたが、この妊娠を機に、夏生との運命を確信できたようで良かったです!

一方の陽菜は、恋愛感情抜きに夏生を支えていた姿を見ていた母親から、遅すぎる許可が出ました。

陽菜はここ数回で、理不尽なまでの揺さぶりをかけられていますね。

瑠衣の妊娠発覚に一体どんな反応を見せるのやら、もはや予想もつきません。

陽菜は吹っ切れられるのか…?

姉として夏生・瑠衣のサポートに徹する陽菜は、ムードメーカーとして2人の抱える問題の重苦しさをやわらげてくれますね。

しかし、内心では夏生のことを吹っ切ることが難しい様子。

何かが1つ違えば、今頃自分が夏生と…なんて考えてしまうのかもしれません。

果たして陽菜は、気持ちにどう折り合いをつけるのか、見守っていきたいです。

転機の連続の中で夏生は…

桃源から引き継いだ作品が注目を浴び、瑠衣との結婚も決まって父親に…。

環境が目まぐるしく変わる夏生ですが、心根の純真さは変わらないようで、ホッとしますね。

夏生をとりまく人たちも相変わらずの様子で、安心感のある回でした。

スキャンダラスな夏生は大ピンチ?

出版された本が大好評で、何もかも順調に思えましたが、そんな夏生をスクープ系週刊誌の記者がロックオン!

これだけ有名になれば、誰しも経験することでしょうが、夏生の場合は一大事です。

何せ夏生はドメスティックな恋愛を繰り返し、義妹と授かり婚をする身…!

物語はまだ、夏生を簡単に幸せにはしてくれないようですね。

種部の恐怖、再び!

自分の罪を自覚できていなかった様子の種部でしたが、ここで再登場とは!

陽菜や夏生にただならぬ執念を見せていたので、またしても大いにひっかきまわされる予感です。

種部の策略によって、夏生のドメスティックな関係が、日本中に知れ渡ってしまうのでしょうか…?

まとめ

以上、『ドメスティックな彼女』27巻の発売日と収録話数予想、ネタバレ・感想考察の紹介になります。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました(^^

< 26巻のネタバレ 28巻のネタバレ>

『ドメスティックな彼女』を全巻無料で読む方法は、以下記事で紹介しています!

ドメスティックな彼女|最新刊を含む全巻無料で読む方法を調べた結果!流石景先生の『ドメスティックな彼女』ですが、せっかくならネタバレだけでなく、絵付きの漫画で読んでみたいですよね。 そこで、U-NE...