WEB・アプリ

社内探偵7巻(最新刊)のネタバレ感想!美和の人たらし才能が開花?

こんにちは、マドです!

この記事では、「コミックなにとぞ」で連載中の『社内探偵』7巻(最新刊)の、

  • 見どころ
  • ネタバレ感想・考察
  • もっともお得に読む方法

をまとめて紹介していきます!

『社内探偵』7巻はこんなお話

人事の高井課長が美和の不正昇格に加担している疑惑を探るため、直接高井のデスクに向かう久我ありさ。

ボテッとしたキャラで、サクッと面倒事を嗅ぎ分ける能力を持つ高井。

久我が小菅から相談を受けたと聞いた瞬間、手っ取り早く偉くなるには的な〜と察して、関わるだけ無駄だと話を終わらせようとします。

久我もジャブ的に、いっそ成果なしで昇給させれば黙らせられるのでは…

と冗談まじりに言う久我に、美和の件があるのに何言ってんのと、取りつく島もなく自分の仕事に戻る高井。

やはり手強い相手だ…という事で、ランチに情報の核となる若林課長と相席になることに。

恨みがましい視線と口を紡ぐ若林に、人事として美和を擁護する条件を出した久我は、なんとか高井に関する情報入手に成功。

その帰り、町上からも高井のマル秘情報を握っていることを知り、徐々に黒幕へと近づき…

一方、大奥こと営業三課でのミーティング開始前、一人早めに下座に着席する美和。

媚びる以外にもわきまえたとこがあるのかと、先輩から揶揄されるも適当に相手。

会議中に課長の一之江が、バシバシと結果の無いメンバーの言い分を切り捨て、結論として瑞江が担当するドランズ案件を美和が引き継ぐことになり…!?

\社内探偵7巻 先行配信中/

「まんが王国」で試し読みする試し読み後は50%OFFクーポンで続きを半額で読めます!

『社内探偵』7巻の見どころをネタバレ

『社内探偵』7巻の見どころは全部で3つありますので、順番にネタバレしていきますね!

  • Point

    黒幕疑惑の高井に歩み寄るも…

    若林課長も美和からも黒幕の存在を入手できず、次なる手は直接人事部の高井課長を揺さぶる行動に出る久我。

    手始めに先日相談を受けた小菅に関して話を振ると、小菅は自己評価が高すぎて世田部長も手を焼いているから放っておけばいいと、手短にかつ的確な返答。

    そこへ、小菅は待遇アップさえすれば大人しくなるんじゃないかと、久我も強気に洒落込みます。

    が…、美和の一件があるのにダメでしょ、とバッサリ終了して、顔色一つかえず自分の業務に戻る高井。

    落ち着きのない町上をスルーして、簡単には手の内は明かさないだろうと思いながらも、次に向かった先は若林課長の行きつけのカフェ。

    ドンピシャで若林を発見し相席になる久我ですが、怨恨深い相手となる自分に口を開くわけもなし。

    ただ、唯一の弱みである美和のライフセイバーとしても、久我を邪険に扱うわけにもいかない若林。

    諦めたように頭を搔く若林は、美和を大奥から守護する条件として、高井に関するマル秘情報をリーク。

    人事部に戻る帰りには、町上からも高井ネタ提供と、彼との食事を交換条件で飲み、手持ちの札が徐々に揃いだした久我は…

  • Point

    一之江がまさかの美和を重要案件に抜擢!?

    シンプルコーデとなった美和は会議室に一番乗りし、慎ましく下座に鎮座。

    先輩の女社員から、からかわれるも眼中なしトーンの生返事。

    一之江が入室して一応挨拶するも安定の無視からスタート。

    会議中、一之江が瑞江というショートカットのお局メンバーに、ドランズ案件の進捗が遅々としていることを叱責。

    なんと、交代で美和に引き継ぐよう指示が下ります。

    どうやら決裁者の横山部長と会食に同席したのに、全然活かせず、担当レベルの岩淵から先に進まないことが理由。

    美和にも女性らしさのカケラもない簡素な服装に、ガミガミ言い出す一之江。

    泣きながら恨めしい目で、岩淵に色目を使ったら許さない、と美和を睨む瑞江。

    (ふ〜ん)、色々と関係性や各自の考えを察した美和。

    そして、一之江は単に美和を飼い殺しにする気はないと、一連を観察していた女社員。

  • Point

    瑞江の恋を御膳立てする美和の目的とは…

    担当交代のため、ドランズに赴く瑞江と美和。

    先方担当で爽やかイケメンの岩淵は、瑞江が離れるとは驚きと残念との言葉をかけ、まずは懇談からと、持参していたタブレットを伏せる岩淵。

    すると、裏面のステッカーに目をやった美和は、それが落語家・神田竹之丞のラジオ番組で当たったものだと知り、話を広げたところ、岩淵が襲名前からのファンだったとのこと。

    話は弾み、今度ぜひ親睦会をやろうとの事で、瑞江は蚊帳の外状態で、円満に引継ぎ完了。

    あれはどういう事だ!、と案の定、瑞江がやいのやいの言ってきたため、岩淵は瑞江のことが好きだと思うとぶっちゃける美和。

    紅潮させる瑞江に、畳み掛けるように、自分は今までキューピッド役として実績がある、親睦会でも中を縮められるよう協力すると…!

    些かもやぶさかで無い様子の内心沸き立つ瑞江と、それを腹黒い狡猾な目で舐めるように見る美和。

『社内探偵』7巻の感想・考察

美和の人たらし能力が仕事で開花!?

一之江が美和をディスりながらも、重要案件に抜擢させたのには驚きましたね。

イビリ倒して自主退社を狙っていたと思いきや、実は美和のポテンシャルを見抜いていたのでは…と深読みが止まりません。

若林課長が久我に人事部の権限を行使して、美和の全力擁護に徹する約束を交わしたのが、大奥の変化と関わりがあるのではとも考えられますが…

若林に会えない上に、男性皆無の部署では美和の武器が活かせないため、唯一向けられるのが取引先ということになりますよね。

こうなると、本当に美和が大型プロジェクトを成功させる道筋が描かれるのでは…と、期待される一方、一之江が正当な評価をするとは思えないのが恐いところ。

今後の展開は美和vs一之江、そして久我が言った「一之江の弱点」についても伏線回収されるんじゃないかと予想されますね…

『社内探偵』をお得に読むなら【まんが王国】

『社内探偵』を漫画で読んでみたいという場合、電子書籍サイトの「まんが王国」なら他のサイトより約1ヶ月早い先行配信を行っています。

他にも、登録無料(登録しても月額は発生しない)、50%OFFクーポン付与最大45%ポイント還元というサービス付き!

登録後、『社内探偵』は1巻分だけ半額の110円(100P)で読むことができますし、一度試してみる分にはオススメですよ!

\登録無料・先行配信あり・半額クーポン付与/

「まんが王国」の公式サイトはこちら※無料で読める漫画も3000作品以上!

他にも『社内探偵』をお得に読める方法を、以下記事で紹介しているので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

社内探偵をお得に読む方法をチェックする

まとめ

以上、『社内探偵』7巻のネタバレ感想の紹介になります。

既婚者の久我を悲しくも好意を寄せる先輩の町上(作中では後輩扱いに見えますが…)。

今の注目されているのが、人事の高井課長と飯田美和ですが、裏設定として町上が恋愛対象としてはムリゲーの久我に対し、どう攻めていくのかも気になりますね〜

そして次回は、美和が大奥をかき回す無双っぷりが見られそうな予感…

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました(^^

\社内探偵7巻 先行配信中/

「まんが王国」で試し読みする試し読み後は50%OFFクーポンで続きを半額で読めます!

「コミックなにとぞ」おすすめ作品

漫画を無料で読んでみませんか?
違法アップロードサイト「漫画村」が閉鎖されるも、似たような非合法サイトが、未だ存在しているんですよね。
そこで、もし漫画村の代わりを探されているようでしたら、安全かつ無料で漫画が読める合法サイトがありますので、ぜひご覧になってみてください!
漫画が無料で読めるサービスの紹介記事はこちら!